身体の冷え

● 夏なのに、身体が冷えていませんか?

アジサイがきれいな梅雨の季節となりました。

これから暑くなるというこの時期ですが、今回は「身体の冷え」についての話を一つ。

 

身体に良い食事を心がけて、「玄米食」を試して5年近く経ちますが、ここ数年、昔なかった体の冷えを感じるようになった。

といったお声をいただきまして。

 

季節を問わず、身体の末端である手足からではなく、身体の中心部(腹部)が冷えるとも。

 

確かに、玄米は、スーパーフードと言われるほど完全食に近い食べ物です。

ですが、人というものは、生まれも育ちも、生まれ育った環境も、ご先祖様が食べてきた食べ物も異なりますので、みんな身体の特徴は、十人十色。ちなみに、今食べているものは、7代先の子孫にも影響すると言われています。思った以上に、自分が「食べる物」は、重要だということに気付かされます。プラス、その時々の体調により、マクロビオティック創始者の桜沢氏が示した「無双原理」で言うところの、陰陽の傾き具合も異なります。

 

例えば、「鼻水」ひとつとっても、「水っぱな」でタラタラと、陰性寄りの鼻水だったり、色も黄色で粘り気のある、鼻に詰まりやすい陽性寄りの鼻水だったり。右の鼻から出てくるのか、左の鼻から出てくるのか、同じ鼻水でも、その状態によって、対処すべき方法が、陰陽異なります。

また、その鼻水が出てくる原因自体が、人により異なります。

 

それなのに、「玄米」さえ食べれば大丈夫!というのは、あまりにも安易過ぎるということに。これは、炭水化物ダイエット、果物ダイエットなども同様で、他人が成功したからといって自分の身体に当てはまるとは限らないということにも。自身の身体が、どんな身体なのか、何を欲しているのか?わかってあげることが、元気の秘訣でもあります。

● 「身体の冷え」にも、陰陽2種類が存在します。

陰性過多の状態による冷えであれば、玄米や味噌といった塩気のある陽性寄りの食事で対処します。が、過去に自身の消化力以上に動物性食品を摂取しすぎてきている場合、それらを体外へ排泄する前の段階では、玄米や塩などの陽性寄りの食養が、かえって症状を悪化させることもあります。

 

そのような、陽極まったパターンからくる「身体の冷え」の場合、マクロビオティックでは、あまりお伝えしない「無塩食」を、一時的に取り入れてから、玄米食にするといった方が良い場合も。無塩食にすることで、過去に体内に溜め込んだ塩気(陽性寄りの老廃物)を、使い、新たに昔ながらの製法で作られた塩や玄米を摂取することで、新しい細胞を作り替えるようなイメージです。

 

マクロビオティックは、玄米菜食が中心ではありますが、だからといって、基本食(玄米、味噌、醤油、塩、海藻類、野菜中心)を絶対強制するものではなく、陰陽調和に重きを置いて、自分の身体に正直に、臨機応変に対処することで、心身ともに「健康」を保つための考え方でもあります。

 

「玄米菜食を試しているのに、改善されない身体の冷え」の場合、一度試してみる価値はありそうです。

 

ちなみに、西洋医学的な診方となりますが、身体の冷えをもたらす「むくみ」の原因にも、ナトリウム(陽性)の過剰によるもの(血圧の上昇を伴うむくみ)と、ナトリウム(陽性)不足によるもの、両方存在するようで。両者、体内に水分を過剰に保つことでむくみとなり、それが冷却装置の役割を果たし、冷えをもたらすとも。

 

参考資料:2018年4月号 Macrobiotique食で変わるココロとカラダ

(磯貝昌寛の正食医学)

● 「かぼちゃ」を食卓のメニューにひとつ

これからの「夏」を代表するお野菜の1つに、「かぼちゃ」が。

 

夏は、心臓と小腸、長夏(または土用)は、胃と膵臓の季節でもあります。

胃がとかくもともと弱い人、胃が弱っている人は、どうも「甘いもの」に手が伸びるようで。ちなみに春の季節の肝臓が弱っている人は、「脂っこいもの」に手が伸びるようです。

 

それぞれの臓器が、消化すべきものがうまく消化吸収されていないと、体がそれを「足りない」と誤認識することで起こる状態とも。そのような感覚を本気にして、それらを、適当な食材(食品添加物が入った加工品など)で摂取し続けると、結局のところ、それぞれの臓器を更に弱らせる傾向に。

 

胃の弱さからくる「甘いもの」の欲求には、穀物が本来持つ甘味や、野菜本来が持つ甘味をしっかりいただくことで制御したいところ。玄米を代表とする雑穀などの穀物は、本来、消化器の入口である「口」の時点で、よく噛むことで、それらを消化吸収してくれる唾液に含まれる酵素により、より甘味を感じながら摂取できるようになっています。

 

そして、野菜で言う甘さを感じられるものの代表格に、「かぼちゃ」が。かぼちゃは、夏に旬になるお野菜。取り立てを食べるより、少し時間を置いた方がおいしくなる野菜でもあります。

 

かぼちゃは、その種も含め、リンパの流れを促進し、腎臓や副腎の機能を高める役割も。

 

甘いデザートが食べたくなった時は、蒸したものに一つまみの塩を入れ、さらしで絞って、茶巾としていただいたり。炒めた玉ねぎとともに、とろとろのスープにしたり。

 

食養としては、かぼちゃの種もおすすめの1品。ナッツ類には、めずらしく、脂質や糖質が少ない割に、鉄分を多く含むため、貧血気味の方にもおすすめの食材。炒ったものを、荒くみじん切りにし、生サラダの上に振りかけたり、カレーのトッピングとして振りかけたりも。

 

最近やり始めた「ベジチーズケーキづくり」講座でも、タルト生地部分に「かぼちゃの種」を使っています。ナッツ類ですので、摂取しすぎるのはカロリーオーバーという点でもオススメできませんが、女性におすすめの食材です。 

 

胃が弱いと感じている方は、ぜひ、少量、お試しくださいね。

他のナッツと、栄養素を比較したグラフです。他のナッツ類と比べて、脂質、糖質が低いのに、鉄分が豊富なのがわかります。

自然療法で取り入れられている「びわの葉」も、体温を上げるために注目されています。マクロビオティック的な陰陽で診ると、大きめで空に向かって開く葉なので、やや陰性寄りとなりますが、日に干すことにより陽性さをプラスしたお茶となっています。