マクロビオティックの歴史について

車麩の揚げ煮(車麩をいったん油で揚げてから、ネギと一緒に煮込んだもの)
車麩の揚げ煮(車麩をいったん油で揚げてから、ネギと一緒に煮込んだもの)

マクロビオティックを習い始めて既に2年以上が経過しているにも関わらず、まだまだ知らないことが沢山ありまして。

 

ここに書き込んでいるのも、インプットしたものをアウトプットすることで、学んだ知識を自分の中に落とし込むための大切な作業です。

 

最近は、それでもアウトプットしたことをその先から忘れております(苦笑)

 

マクロビオティックの教えの中に、「忘れないこと」という内容もありまして。いろんなことを忘れっぽいのは、歳のせいもありますが、没頭すると他の事が見えなくなる場面が度々。特に時間をよく忘れます(笑)

 

今日お会いした人から、没頭すると、時間の流れが止まる=その時間は細胞が死なないということを伺いまして。とても面白い考え方ですね。没頭する時間を意識できることが大切らしいのです。いつも、無意識に没頭するので、なかなか難しい注文でもあります。

切腹最中をいただきました。最中の餡子の中には、お餅が。美味しゅうございました(^人^)
切腹最中をいただきました。最中の餡子の中には、お餅が。美味しゅうございました(^人^)

 

さて、今日のお題「マクロビオティックの歴史」ですが、さかのぼると、

 

明治時代の軍医だった石塚左玄(いしづかさげん)氏が、病を食事の指導から治し、「食養会」の普及活動に努めたことから始まり、その食養会に入った桜沢如一(さくらざわゆきかず)氏が、その教えをもとに、世界平和の思想として、ヨーロッパを中心に、アメリカ、アフリカなどに広めたものがマクロビオティックとのこと。

 

日本では、その妻桜沢里真(さくらざわりま)先生が、リマクッキングスクールを設立。昨年はその50周年の記念すべき年でした。

 

また残念ながら昨年、お亡くなりになられましたが、久司道夫先生もまた、ボストンを中心にマクロビオティックのスクールを設立、普及に努められた方でもあります。

 

今、リマクッキングスクールで講師をされている先生方は、桜沢如一氏より直々に教わった方から、里真先生より教わった方、久司先生より教わった方など、それぞれ異なります。残念ながら、当人より直接教わることができませんでしたが、それぞれの講師の方々からその当時のお話をたまに聞くことで、その歴史を垣間見れます。

 

それを聞くたびに、時代背景もありますが、今の先生方より、厳しい教えだったのではないか?という予想が(苦笑)

 

そのたびに、私はまだまだだな、と感じる昨今でもあります。

群馬県館林市でお野菜を育てているのは、飯塚農園さん。現在でも、ネギ、大根、キャベツ、白菜、ブロッコリー、紫キャベツ、ロマネスコ、ケール、スイスチャード、コールラビ、プチベール、筍芋、ローリエ、人参などを収穫しています。

ちなみに、これらのお野菜は、全て栽培期間中農薬及び科学肥料不使用です。寒い冬だけど、農薬を使わずに育てたお野菜もしっかり食べたい!とお考えの方はぜひお試しください。


コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    小沢ゆき (月曜日, 08 2月 2016 11:04)

    歴史はまだまだ我々の知らない事が多そうですね
    桜沢如一先生のエピソードは現在の先生方からたまにお聞きいたしますが、最近心に残っているのは「お掃除」ですね
    私たちも更に皆さんに伝えていかないといけませんね‼︎

  • #2

    管理人 (土曜日, 09 4月 2016 18:35)

    ゆきさん、コメントいただいていたのですね!気づくの遅すぎてごめんなさいm(_ _)mコメントありがとうございます!
    お掃除、確かに。運動しなくてもお掃除をすれば精神も鍛えられるプラス、かなりの運動になるという教えは確かに。ちらかった部屋は「できない人」に多いと言いますし。人にお伝えする前に、まず自分もしっかり掃除せねばと思う昨今です(苦笑)

家族の健康を考えて、食材からこだわりたい方へ。こだわり農家さんのことならお任せください!

→【となりの農家さんへ】

▼マクロビブログはこちら

こうじ菌のはなし

カボチャのシュレッドケーキ

久々にお手伝いを

タイ米を買ってきました

つくるとわかる

ここだけの話_食品添加物編

玄米クリームでデザートを

関節の痛みが気になる方へ

皮膚のトラブル(皮膚炎)

出てこい集中力!

血糖値が気になる方へ

糠漬けデビュー!

ほうれい線と頬のこけ具合

吉祥寺へ発芽ナッツを買いに

頬のそばかすの話

Let's go to "macrobistay"

メープルシロップvs身土不二

ベジカフェを密かに応援!

血虚にご注意を

その一口を大切に

舌診で自己チェック!

穀物を使ったスイーツ

春はデトックス―プでも

デーツとローカカオ

基礎代謝量はいかほどに?

黒豆ヤーコン茶

Would you like wild rice?

植物の力を借りる~祝新年~

咳と痰に感謝!

かんじん要、お元気ですか?

隣に立つということ

日本のBioトープとは?

石の上にも3年かしら?

そろそろ温活始めませんか?

胃腸の調子は大丈夫?

クリスマスに米粉のケーキを

露天風呂の陰陽を考える

ケール入り餃子

トマトの身土不二・・?

柿を食べすぎて●水が・・・

今日食べたものが・・・

日本に古来からある作物は?

ビーガンフェスin東京

macroな目で見る

温野菜サラダのボルシチソースかけ

蚊に刺される場所と時間

長夏の季節をご存じで?

眉でみる

体内フィルター「腎臓」のはなし

美しいということ

カレーに欠かせないお野菜とは?

キャベツのはなし
真夏のマルシェ
夏はかぼちゃの季節です
麻の効能
足で診る
お茶のはなし
くちびるを診る
そろそろ梅の季節です
足の小指のはなし
御朱印帳をご存じで?
最近の我が家の玄米フロー
たんぽぽコーヒーを作ろうかと
その旨味はだしにあり
野草の力でデトックスを(米糠のはなし)
砂糖と気になる「シミ」について
麻の実甘酒のいちごタルト
目を診る
黒米(古代米)入り玄米ご飯
酒粕クラッカーとレーズンボール
ノンクレド(Non credo)で行こう!
右と左
走りものはまだ早い
マクロビオティックの歴史について
人生初の普茶料理を
五臓を意識する
葛あんかけのハトムギ玄米ご飯
溶けないアイスクリーム
おお味噌か?
次の部屋をのぞいてみよう!
脱・炭水化物メニューとは?
眠れないということ
小さいけれど強~い味方「胡麻」のはなし
陰は陽を生じ・・・
ヤーコンの甘味について
頭痛のする場所
糖尿病予防に、粟(あわ)コロッケ
き・く・ら・げ
海藻の力 ~あらめとひじき~
ただ今人体実験中
遊ばざるもの食うべからず
「絶対的」な陰や陽はない
食の7段階で体調管理を
高野豆腐を使いこなす
高きびのじゃじゃ飯
葛(Kudzu:くず)のはなし
微粒子のはなし
大根を食べる
南瓜の種のはなし
粒を丸ごと食べること
2種類の便秘
求心力と遠心力
夏は「豆腐」の季節です
夏バテ対策
夏のお野菜「かぼちゃ」
ひき肉の代わりに
むくみに気付いたら
発酵のちから
にんにくが食べたい!その真意は?
陰陽の定理について考える~その1~
デーツで作る小豆餡
隣の芝生は青く見える?
目は口ほどに・・・
Brown rice


▼ 学ぶことのすすめ

実践で学びたい方は

「スクールへ通う」という手段もあります。(私も現在通い中)同じ志を持った仲間とともに学べる時間をつくることは、自分らしく生きるための第一歩ではないでしょうか。

▼ Twitterもやってます!