痰(たん)のはなし

田舎の道にくらべて、都会では、人が多いせいか、道が汚いと感じることがあります。

 

きっとお気に入りの青いブーツの裏は、かなり汚れているのだろうなと思ってしまう昨今です。

 

「汚い」という感覚は、ゴミが散らかっているというのではなく、人から排出された物体が、「そのへんにあったなあ」ということを知っているから。

 

お食事中の方はごめんなさい。

今日は、その中でも「痰」のお話です。

 

そもそも物体を出すには理由がありまして、排出するものがなければ、田舎の道と同様にさほど汚れないと言えます。


人から排出されるものは、

いったい「何もの」だと思いますか?


駅のホームや道端には、

飲みすぎて吐き出した汚物が。

通勤路の歩道で、

痰を吐き捨てる男性の姿もよく見かけます。

 

そもそも痰は、

体内に入り込んだ異物を外に出そうとする

体の自然な働きによるものなのです。

 

人それぞれ、体質が異なるため、

何をどのくらい食べればという基準は異なりますが、

親から引き継いだ遺伝的なものの他に、

過去に食べて来たものの種類と量により

痰が生成されてしまうようです。

 

原因は様々あると思いますが、

肉や魚などの脂質を必要以上にとりすぎていることも主な原因の一つ。


車麩のカツ
車麩のカツ

肉や魚などに多く含まれている脂質を摂取しすぎ、どろどろした痰に代わり、口から排出されるのです。

 

それは一種のアレルギーのようなもので、

「吐き出す」というのは、

「もうそれは必要ないよ」というサインなのです。

 

 

先天的な原因の場合は、完治は難しいとしても、

生後の食の偏りによるものは、

 

意識一つで変えられます。

 

 

夫や父親が、喉をガラガラ言っているのに気づいたら、

 

今からでも遅くはありません!

 

 

お肉や魚を沢山摂取してきた分、

それに対する野菜やミネラル豊富な海藻を体内に取り込むことで、

解毒を促しましょう。

 

食べる量や種類に気を付けるだけで、

喉のガラガラが減ってくれるかもしれないのです。

 

もちろん先天的な原因の場合、

どうあがいても治らないことが多いので、

全てが該当するわけではありません。

 

まずは、

お肉に添えられている野菜

 

例えば、

鶏肉ならネギや玉葱、

豚肉なら生姜やキャベツ、

牛肉ならジャガイモやニンニク、

魚なら大根 などなど

 

を食べることで、

既に溜まってしまった余分な物質を

体外へ排出しましょう。

 

また、食卓に肉や魚の出る回数が多い場合も、

肉や魚の出す量や回数を減らして、

その分付け合せの野菜をいつもより多めに配分するなど、

ちょっとした工夫から、試してみることができます。

 

→ お肉が好きでやめられない、そんな方には、

お肉もどき「コーフー」をメニューに取り入れることから

始めませんか?

コーフーとは、小麦粉を使って弾力性のあるお肉の食感を楽しめる食品です。出し汁やお醤油に浸してもどしたものを軽く絞り、パン粉をつけて揚げると、とんかつもどきを作れます。

味は小麦と同じなので、ソースをかけるなどの工夫が必要です。

→ 詳しくはテキストをどうぞ

車麩は、厚さと弾力性のある歯ごたえが特徴的なお麩。

コーフー同様に出し汁に浸してからパン粉をつけて揚げるだけで、とんかつもどきを作れます。

→ 詳しくはテキストをどうぞ


家族の健康を考えて、食材からこだわりたい方へ。こだわり農家さんのことならお任せください!

→【となりの農家さんへ】

▼マクロビブログはこちら

こうじ菌のはなし

カボチャのシュレッドケーキ

久々にお手伝いを

タイ米を買ってきました

つくるとわかる

ここだけの話_食品添加物編

玄米クリームでデザートを

関節の痛みが気になる方へ

皮膚のトラブル(皮膚炎)

出てこい集中力!

血糖値が気になる方へ

糠漬けデビュー!

ほうれい線と頬のこけ具合

吉祥寺へ発芽ナッツを買いに

頬のそばかすの話

Let's go to "macrobistay"

メープルシロップvs身土不二

ベジカフェを密かに応援!

血虚にご注意を

その一口を大切に

舌診で自己チェック!

穀物を使ったスイーツ

春はデトックス―プでも

デーツとローカカオ

基礎代謝量はいかほどに?

黒豆ヤーコン茶

Would you like wild rice?

植物の力を借りる~祝新年~

咳と痰に感謝!

かんじん要、お元気ですか?

隣に立つということ

日本のBioトープとは?

石の上にも3年かしら?

そろそろ温活始めませんか?

胃腸の調子は大丈夫?

クリスマスに米粉のケーキを

露天風呂の陰陽を考える

ケール入り餃子

トマトの身土不二・・?

柿を食べすぎて●水が・・・

今日食べたものが・・・

日本に古来からある作物は?

ビーガンフェスin東京

macroな目で見る

温野菜サラダのボルシチソースかけ

蚊に刺される場所と時間

長夏の季節をご存じで?

眉でみる

体内フィルター「腎臓」のはなし

美しいということ

カレーに欠かせないお野菜とは?

キャベツのはなし
真夏のマルシェ
夏はかぼちゃの季節です
麻の効能
足で診る
お茶のはなし
くちびるを診る
そろそろ梅の季節です
足の小指のはなし
御朱印帳をご存じで?
最近の我が家の玄米フロー
たんぽぽコーヒーを作ろうかと
その旨味はだしにあり
野草の力でデトックスを(米糠のはなし)
砂糖と気になる「シミ」について
麻の実甘酒のいちごタルト
目を診る
黒米(古代米)入り玄米ご飯
酒粕クラッカーとレーズンボール
ノンクレド(Non credo)で行こう!
右と左
走りものはまだ早い
マクロビオティックの歴史について
人生初の普茶料理を
五臓を意識する
葛あんかけのハトムギ玄米ご飯
溶けないアイスクリーム
おお味噌か?
次の部屋をのぞいてみよう!
脱・炭水化物メニューとは?
眠れないということ
小さいけれど強~い味方「胡麻」のはなし
陰は陽を生じ・・・
ヤーコンの甘味について
頭痛のする場所
糖尿病予防に、粟(あわ)コロッケ
き・く・ら・げ
海藻の力 ~あらめとひじき~
ただ今人体実験中
遊ばざるもの食うべからず
「絶対的」な陰や陽はない
食の7段階で体調管理を
高野豆腐を使いこなす
高きびのじゃじゃ飯
葛(Kudzu:くず)のはなし
微粒子のはなし
大根を食べる
南瓜の種のはなし
粒を丸ごと食べること
2種類の便秘
求心力と遠心力
夏は「豆腐」の季節です
夏バテ対策
夏のお野菜「かぼちゃ」
ひき肉の代わりに
むくみに気付いたら
発酵のちから
にんにくが食べたい!その真意は?
陰陽の定理について考える~その1~
デーツで作る小豆餡
隣の芝生は青く見える?
目は口ほどに・・・
Brown rice


▼ 学ぶことのすすめ

実践で学びたい方は

「スクールへ通う」という手段もあります。(私も現在通い中)同じ志を持った仲間とともに学べる時間をつくることは、自分らしく生きるための第一歩ではないでしょうか。

▼ Twitterもやってます!