全ては螺旋状で・・・

● お風呂のセンを抜くと、水は、螺旋を描きながら流れ出す

北半球に住んでいる私たちのお風呂では、センを抜くと、左回り(時計回りと逆の回転)で、水が流れていくのをご存じですか?

 

そうなの?と思ったら、やってみよう!(笑)

 

以前、マクロビオティックの調理実習で、ゲストとして招かれていた先生が、「泡立て器の回転を、左回りに変更することで、より泡立ちが良くなる」とお話されていたのを思い出します。その理由は、北半球でお料理しているからとのこと(笑)

 

お料理の手順を、地球単位で考えているところが、面白く。

● 外胚葉・内胚葉・中胚葉の3つから

西洋医学とはちょっと異なる観点からみた、マクロビオティックな発生学も、成長の過程が、螺旋なのです。

 

受精卵が、細胞分裂していく中で、大まかに3つへ。

  • 外胚葉から、神経系や表層などへ
  • 中胚葉から、循環器系などへ
  • 内胚葉から、消化器系などへ

それぞれに、ムクムクと成長していきます。

 

マクロビオティックな発生学で説明すると、上のような渦巻きの図になりまして。(本来は真ん中にも、中胚葉として渦巻きが横たわっています。)

種から芽が出て、二葉が開くように、大抵の終点が、おおよそ2つに分かれるという点も面白く。

 

そんな成長の過程から、「望診」という診方ができたのだなと改めて。

【預診講座】参加者受付中!

全4回、合計8時間。昼の部と夜の部からお選びいただけます。

最初の受講日は、3月20日(火)14:00~、または、19:00~

→詳細・お申込みは、こちらからどうぞ

ちょっと興味があるな・・・という方のためのお試し【預診タイム】

● 玄米ご飯の小豆団子