macroな目で見る

大豆ミートの唐揚げ丼
大豆ミートの唐揚げ丼

自然農法なつながりの知り合いから1冊の本をたまたまお借りしまして。今回渡されたその1冊は、数年前に農業を勉強していた頃なら飛びついているかもしれない冊子のタイトルでしたが、今はそれほどでもなく。

 

ですが、手元に来たということは、読みなさいというお告げなのかもとも(笑)正直読書嫌いな私ですので、開いた活字に少しくらっとしながら、目に入るところから秋の読書を。

 

→ 一粒古代小麦アイコーンのひじきスパゲティーレシピはこちら

 

野菜やお肉や魚などの食材を選ぶときに、マクロな目を持つことの素晴らしさに気付かされることでしょう。

 

食材やメニューの組み立て方に限らず、体の体調をチェックするための医者の目(望診)のような、人間の営みにも通ずるものが、そこにあると気づかされます。

 

そもそも、マクロビオティックとは、

マクロ(大きな、全体的な)、ビオ(生命)、ティック(学術)の造語ですので、肉を食べちゃダメ、乳製品を食べちゃダメといった食養に関するものではないのですが。

←読書した本は、 「地方再生のレシピ」奥田政行著

2015年10月、丁度1年前に発行されたこの本には、山形をこよなく愛する地元の農家さんや漁師さん、岡田シェフの熱い想いが綴られています。


浜納豆入り、玄米炒飯
浜納豆入り、玄米炒飯

誰かに何かを教える、伝えるとなると、一般的に腹落ちしやすい情報と整備され伝えられるので、それだけが空回りし、いつの間にかそれが正統派の考え方のように伝わる事もありまして。

 

本来は「世界平和」の願いを前提に、宇宙の秩序にのっとって、自身の体を中庸に保つことが大切であるという教えでもあります。よって、何を食べてはいけないというものではないということに。

 

冊子によりますと、まず、「野菜」は遺伝と環境により味が決まり、その土地の微生物により育つと語っています。

マクロな視点から田畑の背景に山や川、果ては風を見ることでそこに育つ野菜の良し悪しを予想できるといったことが書いてあります。これはシェフである著者の奥田さん自身が、農家の目線で田畑を見ることができているということでもあります。

 

次に、魚は捕らえた場所と、その魚が食べた餌で、調理する時の相性の良い組み合わせが決まるとも書いてあります。

例えばマグロで言うと、太平洋を北上するマグロの場合、最初に鰯を主に食べているマグロは、鰯によく合うフェンネルという香菜がとてもよく合うマグロなのだとか。そして、三陸あたりで秋刀魚を主に食べているマグロは、秋刀魚の脂肪がマグロ自体にも含まれるため、オイルを控えめに調理しても美味しくいただけるようになっているのだとか。面白いことに、日本海を北上するマグロは最初、イワシやアジを主に食べていたものが、北上するにつれてイカを食べるそうなのですが、そのころのマグロは、イカに良く合うズッキーニルッコラという野菜がとてもよく合うのだとか。

ちなみに、魚の色や形で、その魚が住んでいた場所や生き様がある程度見えてくるとも。これは人間の望診に似た見方ではないかと思うのです・・・。

 

→ グルテンフリーな南瓜まんじゅうレシピはこちら(デーツの餡子入り)

 

最後に、お肉についても、付け合せの野菜や香菜の大切さを語っていました。驚いたのは、ライオンが、捕らえた獲物を「腸」から食べているという部分。ライオンが食す動物は、草食動物が主ですが、草食動物の腸の中に残っている消化中の草とお肉を一緒に食しているそうで。ライオンもお肉の消化にそれらの植物の力が不可欠だということをおのずと知っているのかもしれませんね。これは人間もしかりで、お肉に付け合せとされている野菜も、お肉と共にしっかり摂ることをマクロビオティックでも推奨しています。

例えば牛肉なら、イモやニンニク。豚肉ならキャベツや生姜、鶏肉ならネギなど。

 

自主的に始めた読書ではありませんでしたが、この本を通して、食材にこだわりすぎてミクロな視点に陥りすぎずに、まずはマクロな視点から食や物事に対して見るということを、忘れずにいたいものだとあらためて。

 

作物を育てる前に、土づくりからこだわりたい。奥田さんではありませんが、こだわり農家さんも同じ思いでお野菜やお米を作っています。

→ 【となりの農家さんへ】サイトはこちら


ベジお茶会、ブログ更新情報や、預診講座等。ご登録はお気軽にどうぞ。

▼預診らぼLINE@

玄米チョコアイスの作り方

ベジチーズケーキづくり

▼マクロビブログはこちら

たぶん、私、花粉症で・・・

毛穴の黒ずみ&下弦の月

気付くと買っているもの

経絡の陰陽

耳鳴り・めまい・中耳炎

目尻のしわ&ほうれいせん(再び)

どこで買えますか?

眉間の粉と赤み

唇の色

髪のはなし

満月と新月のはなし

口角のはなし

お便りの話~ふたたび~

背中の痛み

肘の裏と膝の裏のあせも

頬の毛穴

足の指は、大丈夫?

目尻のシワ

辛い物がやめられない

こめかみの青筋

フェイスラインのにきび

季節の変わり目の体調不良

ビールが飲みたいその訳は?

ニキビ&吹き出物

腰の痛み

肩こり

肘と膝のカサツキ

唇の荒れ

身体の冷え

目の下のクマ

眉間のシワと頬のシミ

こめかみのシミ

直観を研ぎ澄ます

一口で何回噛んでいますか?

病は氣から

あごのニキビ

全ては螺旋状で・・・

花粉症の鼻づまり

最近、笑ってる?

爪のはなし

シミのはなし

むくみとたるみ

食べない勇気

そろそろお掃除の季節に

鼻のはなし

判断力の7段

足の薬指

こうじ菌のはなし

カボチャのシュレッドケーキ

久々にお手伝いを

タイ米を買ってきました

つくるとわかる

ここだけの話_食品添加物編

玄米クリームでデザートを

関節の痛みが気になる方へ

皮膚のトラブル(皮膚炎)

出てこい集中力!

血糖値が気になる方へ

糠漬けデビュー!

ほうれい線と頬のこけ具合

吉祥寺へ発芽ナッツを買いに

頬のそばかすの話

Let's go to "macrobistay"

メープルシロップvs身土不二

ベジカフェを密かに応援!

血虚にご注意を

その一口を大切に

舌診で自己チェック!

穀物を使ったスイーツ

春はデトックス―プでも

デーツとローカカオ

基礎代謝量はいかほどに?

黒豆ヤーコン茶

Would you like wild rice?

植物の力を借りる~祝新年~

咳と痰に感謝!

かんじん要、お元気ですか?

隣に立つということ

日本のBioトープとは?

石の上にも3年かしら?

そろそろ温活始めませんか?

胃腸の調子は大丈夫?

クリスマスに米粉のケーキを

露天風呂の陰陽を考える

ケール入り餃子

トマトの身土不二・・?

柿を食べすぎて●水が・・・

今日食べたものが・・・

日本に古来からある作物は?

ビーガンフェスin東京

macroな目で見る

温野菜サラダのボルシチソースかけ

蚊に刺される場所と時間

長夏の季節をご存じで?

眉でみる

体内フィルター「腎臓」のはなし

美しいということ

カレーに欠かせないお野菜とは?

キャベツのはなし
真夏のマルシェ
夏はかぼちゃの季節です
麻の効能
足で診る
お茶のはなし
くちびるを診る
そろそろ梅の季節です
足の小指のはなし
御朱印帳をご存じで?
最近の我が家の玄米フロー
たんぽぽコーヒーを作ろうかと
その旨味はだしにあり
野草の力でデトックスを(米糠のはなし)
砂糖と気になる「シミ」について
麻の実甘酒のいちごタルト
目を診る
黒米(古代米)入り玄米ご飯
酒粕クラッカーとレーズンボール
ノンクレド(Non credo)で行こう!
右と左
走りものはまだ早い
マクロビオティックの歴史について
人生初の普茶料理を
五臓を意識する
葛あんかけのハトムギ玄米ご飯
溶けないアイスクリーム
おお味噌か?
次の部屋をのぞいてみよう!
脱・炭水化物メニューとは?
眠れないということ
小さいけれど強~い味方「胡麻」のはなし
陰は陽を生じ・・・
ヤーコンの甘味について
頭痛のする場所
糖尿病予防に、粟(あわ)コロッケ
き・く・ら・げ
海藻の力 ~あらめとひじき~
ただ今人体実験中
遊ばざるもの食うべからず
「絶対的」な陰や陽はない
食の7段階で体調管理を
高野豆腐を使いこなす
高きびのじゃじゃ飯
葛(Kudzu:くず)のはなし
微粒子のはなし
大根を食べる
南瓜の種のはなし
粒を丸ごと食べること
2種類の便秘
求心力と遠心力
夏は「豆腐」の季節です
夏バテ対策
夏のお野菜「かぼちゃ」
ひき肉の代わりに
むくみに気付いたら
発酵のちから
にんにくが食べたい!その真意は?
陰陽の定理について考える~その1~
デーツで作る小豆餡
隣の芝生は青く見える?
目は口ほどに・・・
Brown rice


▼ 学ぶことのすすめ

実践で学びたい方は

「スクールへ通う」という手段もあります。(私も現在通い中)同じ志を持った仲間とともに学べる時間をつくることは、自分らしく生きるための第一歩ではないでしょうか。

▼ Twitterもやってます!