おふくろの味に欠かせない「お味噌」のはなし

● お味噌汁にはどんなお味噌を使っていますか?

食の欧米化が浸透しつつある昨今ですので、パンや麺類を食べるため、お味噌汁のない食事が多くなっている家庭も多いことと思います。


ですが、豆と塩を使い発酵の力を借りてつくる「お味噌」は、古くから日本人の食生活を支えてきた代表的な調味料でもあります。


栄養素的にも、優れた調味料であるお味噌を使った代表的なメニュー「お味噌汁」ですので、できれば、1日に1回は、食していただきたいものです。


→ お味噌の栄養素についてはこちら

●「ひしお」味噌をご存じですか?

▲ひしお味噌のもと
▲ひしお味噌のもと

お味噌はもともと、ひしお(醤)を使った調味料でした。

 

ひしお自体は、中国から来た調味料と言われています。

 

本来はお醤油をつくる「もと」ですが、醤油にならなかったことから未醤(みしょう)という名前で呼ばれ、それが味噌の由来なのではないかとも言われています。

 

きゅうりにお味噌をつけて食べる、夏の居酒屋定番メニュー「もろきゅう」は、ひしおから作ることができますが、これを実際に作ってみると、確かにその原理がわかる気がします。

 

→ ひしお味噌を作ってみたい人はこちら

▲ひしお味噌の作り始め
▲ひしお味噌の作り始め

中国から伝わり、日本で進化し浸透したお味噌ですが、使う材料や地域によりお味噌の色や味などが異なることはご存じのとおり。


九州などの暖かい地域では、麦から作る麦味噌を、中京地方では豆から作る豆味噌を、それ以外の地域ではお米と大豆からできる米味噌を作っています。


地域によって良く食べるお味噌は異なりますが、より効果的にお味噌を食べる場合は、季節によって、合わせみその割合を変えてみるのが良いようです。


暑い時期には麦みその割合を増やす、寒い時期には豆味噌や米味噌の割合を増やす、といった調整です。

▲仕上がってきたひしお味噌
▲仕上がってきたひしお味噌

このことは、地方活性化が盛んな昨今、その中でよく聞く「地産地消」というものがありますが、マクロビでは「身土不二」(しんどふじ)という言葉でかなり昔から提唱しています。


地産地消と身土不二は、似ていますが、実際には異なる思想のようです。


その土地でその季節にとれる作物を食べることを推奨しているのが身土不二です。詳しくはこちらのページに掲載されています。


このことは、サトウキビやコーヒー豆が取れない地域で、砂糖入りのお菓子を食べながらコーヒーを飲むという行為がその土地で生活する人の身体に、優しくないのだということも物語っています。


という私は、そうとは知らずに、そういう行為が大好きだったので、身体の調子を悪くしたようです。甘い物が大好きな女性のみなさん、お気を付けを。

家族の健康を考えて、食材からこだわりたい方へ。こだわり農家さんのことならお任せください!

→【となりの農家さんへ】

▼マクロビブログはこちら

こうじ菌のはなし

カボチャのシュレッドケーキ

久々にお手伝いを

タイ米を買ってきました

つくるとわかる

ここだけの話_食品添加物編

玄米クリームでデザートを

関節の痛みが気になる方へ

皮膚のトラブル(皮膚炎)

出てこい集中力!

血糖値が気になる方へ

糠漬けデビュー!

ほうれい線と頬のこけ具合

吉祥寺へ発芽ナッツを買いに

頬のそばかすの話

Let's go to "macrobistay"

メープルシロップvs身土不二

ベジカフェを密かに応援!

血虚にご注意を

その一口を大切に

舌診で自己チェック!

穀物を使ったスイーツ

春はデトックス―プでも

デーツとローカカオ

基礎代謝量はいかほどに?

黒豆ヤーコン茶

Would you like wild rice?

植物の力を借りる~祝新年~

咳と痰に感謝!

かんじん要、お元気ですか?

隣に立つということ

日本のBioトープとは?

石の上にも3年かしら?

そろそろ温活始めませんか?

胃腸の調子は大丈夫?

クリスマスに米粉のケーキを

露天風呂の陰陽を考える

ケール入り餃子

トマトの身土不二・・?

柿を食べすぎて●水が・・・

今日食べたものが・・・

日本に古来からある作物は?

ビーガンフェスin東京

macroな目で見る

温野菜サラダのボルシチソースかけ

蚊に刺される場所と時間

長夏の季節をご存じで?

眉でみる

体内フィルター「腎臓」のはなし

美しいということ

カレーに欠かせないお野菜とは?

キャベツのはなし
真夏のマルシェ
夏はかぼちゃの季節です
麻の効能
足で診る
お茶のはなし
くちびるを診る
そろそろ梅の季節です
足の小指のはなし
御朱印帳をご存じで?
最近の我が家の玄米フロー
たんぽぽコーヒーを作ろうかと
その旨味はだしにあり
野草の力でデトックスを(米糠のはなし)
砂糖と気になる「シミ」について
麻の実甘酒のいちごタルト
目を診る
黒米(古代米)入り玄米ご飯
酒粕クラッカーとレーズンボール
ノンクレド(Non credo)で行こう!
右と左
走りものはまだ早い
マクロビオティックの歴史について
人生初の普茶料理を
五臓を意識する
葛あんかけのハトムギ玄米ご飯
溶けないアイスクリーム
おお味噌か?
次の部屋をのぞいてみよう!
脱・炭水化物メニューとは?
眠れないということ
小さいけれど強~い味方「胡麻」のはなし
陰は陽を生じ・・・
ヤーコンの甘味について
頭痛のする場所
糖尿病予防に、粟(あわ)コロッケ
き・く・ら・げ
海藻の力 ~あらめとひじき~
ただ今人体実験中
遊ばざるもの食うべからず
「絶対的」な陰や陽はない
食の7段階で体調管理を
高野豆腐を使いこなす
高きびのじゃじゃ飯
葛(Kudzu:くず)のはなし
微粒子のはなし
大根を食べる
南瓜の種のはなし
粒を丸ごと食べること
2種類の便秘
求心力と遠心力
夏は「豆腐」の季節です
夏バテ対策
夏のお野菜「かぼちゃ」
ひき肉の代わりに
むくみに気付いたら
発酵のちから
にんにくが食べたい!その真意は?
陰陽の定理について考える~その1~
デーツで作る小豆餡
隣の芝生は青く見える?
目は口ほどに・・・
Brown rice


▼ 学ぶことのすすめ

実践で学びたい方は

「スクールへ通う」という手段もあります。(私も現在通い中)同じ志を持った仲間とともに学べる時間をつくることは、自分らしく生きるための第一歩ではないでしょうか。

▼ Twitterもやってます!