葛(Kudzu:くず)のはなし

師範科の試作会作品の数々。皆さんすごいです!が、ほとんど試食する前に、完売。無念でした。
師範科の試作会作品の数々。皆さんすごいです!が、ほとんど試食する前に、完売。無念でした。

7月の週末、リマクッキングスクールの夏の試作会がありました。2014年の1月、初級から学び始めて早1年半。

 

まさかの師範科生(入学当初は、ここまで学ぶとは全く考えていませんでした)として、真夏の試作会に参加させていただきたきました。

 

マクロビオティックな生活を振り返ると、やっぱり玄米が原点かな?と感じ、何度やっても美味しく仕上がらない玄米を食材に敢えて選択。

 

教えてくださった講師の方々に『うん』と言ってもらえるようなできにしたくて、奮闘しましたが、作り終わった時間と、保管方法により(冷蔵庫に入れていた)塩気が足りない、ボソボソした仕上がりに。

 

お料理の難しさをあらためて感じた昨今であります。


参加したので、卒業できましたが、「まだまだだ」ということに気付いた一時でもありました。日々のお料理の腕は上がりつつあるので、引き続きがんばろうと心新たに。

 

さてさて、その試作会には、沢山の生徒さんが参加していて、夏らしいメニューも多く見られました。

 

中でも評価が高かったものの1つに、

マクロビオティックな食材で涼しさを演出してくれる

 

『葛(くず)』を使ったお料理が。

 

仙太郎の「くず桜」。抹茶味でほのかに緑色の葛の中に、甘く煮込まれているのに形崩れしていない小豆が粒のまま入っています。この食感はたまりません。
仙太郎の「くず桜」。抹茶味でほのかに緑色の葛の中に、甘く煮込まれているのに形崩れしていない小豆が粒のまま入っています。この食感はたまりません。

葛は、植物の太い根からできていて、人工的に栽培が難しく、天然ものを採るため、産地も限られているようです。

 

粉や固形のまま口に入れてしまうと、お腹の弱い人はいたたまれない状態になるので、お気を付けを。

 

お料理には、だし汁や水に浸しておいて、火にかけてとろみを出して使います。

 

先日は、マクロビオティック風な麻婆豆腐を作る際に、活用させていただきました(^。^)>


 

有名な三大葛の産地は、

大好きな京都の和菓子屋さん『仙太郎』の添え書きによると、


  • 日田葛(大分)
  • 吉野葛(奈良)
  • 若狭葛(福井):熊川

 

吉野葛は有名なので、皆さんもご存じかと思いますが、大分や福井も産地だったのですね。

 

あまりご縁のない地域ですが、「葛」という食材が元になり、ちょっと探索したくなる場所となりそうです。

ちなみに、仙太郎の和菓子には、このような添え書きが付いてきます。和菓子をあまり知らない私にとって、この説明書は、和菓子の教科書です。和菓子自体が丁寧な仕上がりなだけでなく、こういうところにも気を配っているところが素敵です!ファンになりますね、本当。
ちなみに、仙太郎の和菓子には、このような添え書きが付いてきます。和菓子をあまり知らない私にとって、この説明書は、和菓子の教科書です。和菓子自体が丁寧な仕上がりなだけでなく、こういうところにも気を配っているところが素敵です!ファンになりますね、本当。
自然農法に近い育て方で、農薬を使わずに豆とお米と小麦を育てています!
自然農法に近い育て方で、農薬を使わずに豆とお米と小麦を育てています!

農薬を使わず育てたすみや農園さんのお米やお豆を買って、一緒に応援しませんか?

ただ今有機JASの取得を目指しています。

▼すみや農園さん

http://goo.gl/OHSWuR

元デザイナーの飯塚さんが手掛けるのは太陽暦に従って農を営むこと。
元デザイナーの飯塚さんが手掛けるのは太陽暦に従って農を営むこと。

農のある生活をデザインする、新しい農の在り方を後世に残してあげたい。そんな農家さんを一緒に応援しませんか?

▼飯塚農園さん

http://goo.gl/3KYI1m


家族の健康を考えて、食材からこだわりたい方へ。こだわり農家さんのことならお任せください!

→【となりの農家さんへ】

▼マクロビブログはこちら

こうじ菌のはなし

カボチャのシュレッドケーキ

久々にお手伝いを

タイ米を買ってきました

つくるとわかる

ここだけの話_食品添加物編

玄米クリームでデザートを

関節の痛みが気になる方へ

皮膚のトラブル(皮膚炎)

出てこい集中力!

血糖値が気になる方へ

糠漬けデビュー!

ほうれい線と頬のこけ具合

吉祥寺へ発芽ナッツを買いに

頬のそばかすの話

Let's go to "macrobistay"

メープルシロップvs身土不二

ベジカフェを密かに応援!

血虚にご注意を

その一口を大切に

舌診で自己チェック!

穀物を使ったスイーツ

春はデトックス―プでも

デーツとローカカオ

基礎代謝量はいかほどに?

黒豆ヤーコン茶

Would you like wild rice?

植物の力を借りる~祝新年~

咳と痰に感謝!

かんじん要、お元気ですか?

隣に立つということ

日本のBioトープとは?

石の上にも3年かしら?

そろそろ温活始めませんか?

胃腸の調子は大丈夫?

クリスマスに米粉のケーキを

露天風呂の陰陽を考える

ケール入り餃子

トマトの身土不二・・?

柿を食べすぎて●水が・・・

今日食べたものが・・・

日本に古来からある作物は?

ビーガンフェスin東京

macroな目で見る

温野菜サラダのボルシチソースかけ

蚊に刺される場所と時間

長夏の季節をご存じで?

眉でみる

体内フィルター「腎臓」のはなし

美しいということ

カレーに欠かせないお野菜とは?

キャベツのはなし
真夏のマルシェ
夏はかぼちゃの季節です
麻の効能
足で診る
お茶のはなし
くちびるを診る
そろそろ梅の季節です
足の小指のはなし
御朱印帳をご存じで?
最近の我が家の玄米フロー
たんぽぽコーヒーを作ろうかと
その旨味はだしにあり
野草の力でデトックスを(米糠のはなし)
砂糖と気になる「シミ」について
麻の実甘酒のいちごタルト
目を診る
黒米(古代米)入り玄米ご飯
酒粕クラッカーとレーズンボール
ノンクレド(Non credo)で行こう!
右と左
走りものはまだ早い
マクロビオティックの歴史について
人生初の普茶料理を
五臓を意識する
葛あんかけのハトムギ玄米ご飯
溶けないアイスクリーム
おお味噌か?
次の部屋をのぞいてみよう!
脱・炭水化物メニューとは?
眠れないということ
小さいけれど強~い味方「胡麻」のはなし
陰は陽を生じ・・・
ヤーコンの甘味について
頭痛のする場所
糖尿病予防に、粟(あわ)コロッケ
き・く・ら・げ
海藻の力 ~あらめとひじき~
ただ今人体実験中
遊ばざるもの食うべからず
「絶対的」な陰や陽はない
食の7段階で体調管理を
高野豆腐を使いこなす
高きびのじゃじゃ飯
葛(Kudzu:くず)のはなし
微粒子のはなし
大根を食べる
南瓜の種のはなし
粒を丸ごと食べること
2種類の便秘
求心力と遠心力
夏は「豆腐」の季節です
夏バテ対策
夏のお野菜「かぼちゃ」
ひき肉の代わりに
むくみに気付いたら
発酵のちから
にんにくが食べたい!その真意は?
陰陽の定理について考える~その1~
デーツで作る小豆餡
隣の芝生は青く見える?
目は口ほどに・・・
Brown rice


▼ 学ぶことのすすめ

実践で学びたい方は

「スクールへ通う」という手段もあります。(私も現在通い中)同じ志を持った仲間とともに学べる時間をつくることは、自分らしく生きるための第一歩ではないでしょうか。

▼ Twitterもやってます!