爪のおはなし

●爪のおはなし

「爪が二枚爪になるんです。」そんなお声を伺いましたので、今日は、爪のお話をひとつ。

 

そもそも爪は、体内に取り込んだミネラルタンパク質脂肪の排泄部位でもあります。

 

おおよそ9ヶ月で生えかわるので、爪の根本から3分の1程度は、ここ2-3ヶ月の体内事情をあらわし、真ん中あたりが、4-6ヶ月、残りの先端部分が7-9ヶ月をあらわしています。

 

そのため、爪に横線が入っている場合、その線の入っている場所により、食事が大きく変わったことをあらわしています。住んでいる場所が変わったり、食べ物を変えた時期に、横線が入ったりします。

 

縦線は、年齢によるものもありますが、炭水化物と塩の過剰摂取、質の良いタンパク質と脂肪の不足=内臓の機能の弱り のあらわれでもあります。若いのに縦線がある場合は、食事の味が濃くなっていないか?注意しましょう。

 

ちなみに、ヘッダーのおまんじゅうは、蕎麦粉のバナナまんじゅう。餡は、白花豆とデーツに、レモン汁を絡めたバナナを。胡麻とエゴマを振り掛けて。

● 爪が欠ける、二枚爪になるのは

爪が欠けてしまうのと、二枚爪になったり、爪が剥がれたりするのは、栄養の偏りによる症状。

 

マクロビオティックな見解では、陰性過多で、ミネラル不足な状態。ジュースや果物、お菓子などの甘い物や薬品などを食べすぎることにより、それらを消化するのにミネラルを使うため、ミネラル不足になっています。

 

甘い物などの陰性食品の摂取を控えるとともに、ミネラルやカルシウムの摂取(海藻類根菜など)をぜひ。特に、肝臓・胆嚢に負担をかけているため、それらを労わる食材(昆布、ひじき、ワカメ、梅干し、一時的にシジミ、あさりなど)を、意識的に、メニューに取り入れましょう。

● 豆腐とメープルシロップで、ゼラチンを使わないチョコムースを

お茶のお供にと思い、家にある材料で、ゼラチンと白砂糖を使わないチョコムースを。

 

材料は、水[70cc]、寒天[小さじ1](右上)、葛[小さじ1](右下)、有機ココア[大さじ1]、豆腐[200g](左)、メープルシロップ[60g]。

 

水に寒天と葛とメープルシロップを浸し、しばらく(20分以上)放置。鍋に移して、弱火にかけながら、寒天を溶かしつつ、ココアも混ぜて溶かします。寒天が溶けたら、弱火にかけながら、クリーマー(ミルク泡立て器)を使って、ふんわりさせます。

 

ミキサーなどで撹拌した豆腐を入れて、混ぜ、同様にクリーマーでふんわりさせます。とろーり、ふんわり混ざり合ったら、火から下ろし、粗熱をとり、型に流し入れ、冷蔵庫へ。

 

 

少し甘味が強かったのと、軟らかかったので、メープルシロップを少し減らしたり、寒天を少し増やすと、形が崩れにくいババロア風のムースになるかと。

● 2月のお試し【預診タイム】も無事終わりました!

今回、セラピストのhiroさんと始めた「預診タイム」第2

段ですが、無事、行うことができました。

→ hiroさんの個人セッション情報はこちらからどうぞ

 

今回参加いただいた受講者さんは、5名ほど。時間が長引いてしまった点や、楽しくて話が長くなってしまった点など、多々反省点がございますが、新たな気付きも多く、私自身も、とても良い機会を設けられたと思っております。楽しい時間を過ごすことができました。hiroさんと受講者さんに感謝!ですね。

 

受講者さん同士は、初めてのお会いする方たちばかりでしたが、下のお名前が同じだったり、出身地が近い地域だったり、思った以上の出会いだったのではないか?というのと、皆さんで楽しく帰られたので、お友達の輪も広がったのではないかと思っております。

 

「その時その場所に一緒にいる」ということ、

これも必然的な出会いではないのかなと思う昨今でもあります。

 

素敵なひとときを、ありがとうございました(^人^)

お試し【預診タイム】は、来月3月も、25日(日)、小竹向原駅から徒歩10分の開場にて、お試し【預診タイム】を行う予定です。内容は、今回のものから少しまた変更したものとなりますので、2回目の方でも、楽しめる内容を考えております。

 

ご都合が合う方で、ちょっと気になっていたのよね・・・という方のご参加を、お待ちしております!終了時間を15:30といたしましたので、終わってからhiroさんのセッションを受けるということも可能です。体だけではなく、心のリフレッシュもしたいな、とお思いの方は、ぜひご検討ください。

→hiroさんのブログはこちら

 

 

→ お試し【預診タイム】の詳細・お申込みはこちらからどうぞ