直観を研ぎ澄ます

● 健康は自然なもの

最近、【預診タイム】などの講座を始めて、感じたのは、過去の私がそうだったように、自分自身の「健康」「身体」について、悩んでいる女性がとても多いこと。それぞれが、それぞれの悩みを抱えているのだなと、あらためて感じます。

 

不健康な状態を認知しているのに、どうすれば元に戻せるのか?を、いろんな情報がはびこる中、迷っている人がとても多く。

 

本来、マクロビオティックな食養では、薬に頼らない方向で対処しますが、正直、弱りの度合いが大きい場合は、他の力(お医者さんや、薬など)を活用して、ある程度症状を緩和してから、本来の自分が持ち合わせているはずの治癒力が発揮できる環境へ、切り換えていくという順番が良いのではないかな?とも。

その理由は、昨今の食事情・生活環境が、過去にないほどの人工的なものが多いから。人工的なものには人工的なもので、一時的にでも対処しなければ、間に合わないのでは?と思ったり。

 

 

そののち、「自分自身を信じることができるよう、直観を取り戻す」作業へ入る、それが、食養の役目なのではないかな?と思うのです。

 

マクロビオティックの創始者桜澤如一氏の著書「食養人生読本」を読むと、マクロビオティックの「食養」が、どんな考え方を元にしたものなのかが、わかります。


"われわれの「精神」は「直観する」。

「直観」とは、全体を超論理的に把握するものである。

それは全体でそれ自身なのである。

われわれの肉体は部分でしかないけれど、その部分は全体によって、すなわち大自然によって生きているのであり、その大自然全体がわれわれの精神であり、直観自証なのである。

神を知ること、大自然をおもうこと、全体を認めることのみが人間に与えられた最高の知恵である。"

 

また、次のようにも、書いています。

 

"とまれ、健康は自然なものです。決して人工で作り出すことはできません。

~ 中略 ~

この自然の道をふみはずした人がみな病気になる人です。

真理は簡単です。

それはもうほとんど説明を要しません。

言あげをする必要がありません。

真理は簡単です。

それは万人にわかるものでなくてはなりませんから。

生命の真理、健康の真理、食養は実に簡単です。

何人にも分かり、何人にもどこででも実行できることです。"

 

「食養人生読本」 より

 

食養とは、人間にもともと備わっている直観を研ぎ澄ますための手段であって、それが研ぎ澄まされれば、誰かに教わらなくても、自分の「直観」で、それらを網羅できるという意味ではないかと。

 

ただし、その直観が、今まで食べてきた食物や自分が選んできた環境で、いつの間にか凝り固まってしまった思考により、著しく鈍っていると、間違った選択を繰り返すような、間違った直観(本来の直観ではないのに、直観と思ってしまう状態)から抜け出せなくなっている人が多いのではないのかな?と。

 

それらの毒素(直観を鈍らせているもの)を、体内から排毒することで、それぞれに持っている、自分の「直観」を取り戻せれば、健康になることを意識しなくても健康でいられる状態に持っていけるのだろうなと、思うのです。

 

少しでもそれに気付く人が増えますよう、

活動を継続することを心する昨今でもあります。

● 足の小指と、手の中指

  • 足の小指が内側に曲がっていて、爪も外向きになる
  • 手の中指の指先にホクロのようなものがある

そんなお声をいただいたので、少し調べてみました。

 

「足の小指」は、以前も書きましたが、膀胱をあらわす部位。

膀胱を酷使しすぎると、足の小指が、内側に曲がってくるようです。

酷使とは、水分や陰性食品の過剰摂取により、膀胱を働かせすぎているという意味。

 

また、同じように、水分の過剰摂取は、握手をした際に、掌が湿っている場合も当てはまります。ただ、掌の場合は、肺や循環器に関係してくるため、膀胱とは少し異なります。

 

水分の摂取量は、平均的な数値はある程度決まっているにしても、人によってそれぞれ。マクロビオティックを海外に知らしめて、病人を沢山診てきた、故田中愛子先生も、1日で摂取するお茶の量は、おちょこのように小さな湯飲みで1杯だったと聞いています。

 

毎日水を〇リットル飲みましょう!というキャッチを時々目にしますが、そのリットル数は、あくまで、それを見出した人のベストなリットル数であって、すべの人がみな同じとは限りません。自分の限界を知り、それに見合った水分補給を心がけられるようにぜひ。

 

また、「手の中指」は、心臓や循環器をあらわす部位。ホクロは、主に、炭水化物やタンパク質、脂肪の過剰摂取により燃焼してできた複合炭水化物の排泄とっも言われています。心臓や循環器系に負担がかかっているということになるため、血液循環を促すような生活や食事を心がけると良さそうです。

 

血行促進には、ネギや玉ねぎ、ニラやワケギといった少しにおいの強いお野菜や、マクロビオティック定番野菜の人参、レンコンも。

血液浄化としては、キャベツやごぼう、切干大根などのほかに、味噌や梅干しといった昔ながらの発酵食品も。

 

加工食品を購入する際には、できるだけ人工的な物質が入っていない(食品添加物が入っていない)昔ながらの製法で造られた、素朴な食品がお勧めです。できれば、ご自身で作った梅干しやお味噌を。(理由は、人工的な添加物を多く摂取することで、血液を浄化する肝臓を酷使することにもなるため)

唇の色が暗い、舌の裏の色が暗い、そんな方にはオススメ!

そろそろ終わりそうな「春」ですが、春の臓器「肝臓」に特化した、血液のデトックス講座を行います。日焼けをしていないのに、日焼けをしたような顔色の方、唇の色や舌の裏の色が暗い方、お酒を飲むと白目が赤くなる方などに、おすすめの講座です。

お1人、お1人、ある程度しっかりお話を伺いたいため、

4名限定となりますお申込みは、お早めにどうぞ。

ベジお茶会、ブログ更新情報や、預診講座等。ご登録はお気軽にどうぞ。

▼預診らぼLINE@

玄米チョコアイスの作り方

ベジチーズケーキづくり

▼マクロビブログはこちら

髪のはなし

満月と新月のはなし

口角のはなし

お便りの話~ふたたび~

背中の痛み

肘の裏と膝の裏のあせも

頬の毛穴

足の指は、大丈夫?

目尻のシワ

辛い物がやめられない

こめかみの青筋

フェイスラインのにきび

季節の変わり目の体調不良

ビールが飲みたいその訳は?

ニキビ&吹き出物

腰の痛み

肩こり

肘と膝のカサツキ

唇の荒れ

身体の冷え

目の下のクマ

眉間のシワと頬のシミ

こめかみのシミ

直観を研ぎ澄ます

一口で何回噛んでいますか?

病は氣から

あごのニキビ

全ては螺旋状で・・・

花粉症の鼻づまり

最近、笑ってる?

爪のはなし

シミのはなし

むくみとたるみ

食べない勇気

そろそろお掃除の季節に

鼻のはなし

判断力の7段階

足の薬指

こうじ菌のはなし

カボチャのシュレッドケーキ

久々にお手伝いを

タイ米を買ってきました

つくるとわかる

ここだけの話_食品添加物編

玄米クリームでデザートを

関節の痛みが気になる方へ

皮膚のトラブル(皮膚炎)

出てこい集中力!

血糖値が気になる方へ

糠漬けデビュー!

ほうれい線と頬のこけ具合

吉祥寺へ発芽ナッツを買いに

頬のそばかすの話

Let's go to "macrobistay"

メープルシロップvs身土不二

ベジカフェを密かに応援!

血虚にご注意を

その一口を大切に

舌診で自己チェック!

穀物を使ったスイーツ

春はデトックス―プでも

デーツとローカカオ

基礎代謝量はいかほどに?

黒豆ヤーコン茶

Would you like wild rice?

植物の力を借りる~祝新年~

咳と痰に感謝!

かんじん要、お元気ですか?

隣に立つということ

日本のBioトープとは?

石の上にも3年かしら?

そろそろ温活始めませんか?

胃腸の調子は大丈夫?

クリスマスに米粉のケーキを

露天風呂の陰陽を考える

ケール入り餃子

トマトの身土不二・・?

柿を食べすぎて●水が・・・

今日食べたものが・・・

日本に古来からある作物は?

ビーガンフェスin東京

macroな目で見る

温野菜サラダのボルシチソースかけ

蚊に刺される場所と時間

長夏の季節をご存じで?

眉でみる

体内フィルター「腎臓」のはなし

美しいということ

カレーに欠かせないお野菜とは?

キャベツのはなし
真夏のマルシェ
夏はかぼちゃの季節です
麻の効能
足で診る
お茶のはなし
くちびるを診る
そろそろ梅の季節です
足の小指のはなし
御朱印帳をご存じで?
最近の我が家の玄米フロー
たんぽぽコーヒーを作ろうかと
その旨味はだしにあり
野草の力でデトックスを(米糠のはなし)
砂糖と気になる「シミ」について
麻の実甘酒のいちごタルト
目を診る
黒米(古代米)入り玄米ご飯
酒粕クラッカーとレーズンボール
ノンクレド(Non credo)で行こう!
右と左
走りものはまだ早い
マクロビオティックの歴史について
人生初の普茶料理を
五臓を意識する
葛あんかけのハトムギ玄米ご飯
溶けないアイスクリーム
おお味噌か?
次の部屋をのぞいてみよう!
脱・炭水化物メニューとは?
眠れないということ
小さいけれど強~い味方「胡麻」のはなし
陰は陽を生じ・・・
ヤーコンの甘味について
頭痛のする場所
糖尿病予防に、粟(あわ)コロッケ
き・く・ら・げ
海藻の力 ~あらめとひじき~
ただ今人体実験中
遊ばざるもの食うべからず
「絶対的」な陰や陽はない
食の7段階で体調管理を
高野豆腐を使いこなす
高きびのじゃじゃ飯
葛(Kudzu:くず)のはなし
微粒子のはなし
大根を食べる
南瓜の種のはなし
粒を丸ごと食べること
2種類の便秘
求心力と遠心力
夏は「豆腐」の季節です
夏バテ対策
夏のお野菜「かぼちゃ」
ひき肉の代わりに
むくみに気付いたら
発酵のちから
にんにくが食べたい!その真意は?
陰陽の定理について考える~その1~
デーツで作る小豆餡
隣の芝生は青く見える?
目は口ほどに・・・
Brown rice


▼ 学ぶことのすすめ

実践で学びたい方は

「スクールへ通う」という手段もあります。(私も現在通い中)同じ志を持った仲間とともに学べる時間をつくることは、自分らしく生きるための第一歩ではないでしょうか。

▼ Twitterもやってます!