毛穴の黒ずみ&下弦の月

2月26日(火)は、「下弦の月」

下弦とは?

満月から新月へ移る、丁度真ん中あたりの月のこと。

 

デトックスという観点からみると、

冬に活発に活動する臓器でもある、

腎臓・膀胱・生殖器のデトックスに

最適のタイミングでも。

 

腎臓や膀胱や生殖器が弱っていると、

  • 難聴や中耳炎などの耳の不調、
  • 目の奥のあたりの頭痛、
  • 生理痛や生理不順などの月経トラブル
  • 背中が張る、痛みがある

といった症状に陥りやすく。

 

  • 目の下のクマ
  • 顔のくすみ
  • アゴのニキビ

などが気になっている人は、

 

下弦の月の頃をみはからって、

プチ断食や、腰湯などで腰のあたりを温めるのもオススメ。

毛穴の黒ずみ、毛穴の赤み

お試し【預診タイム】の受講者さまより、「毛穴の黒ずみが気になるんです。」といったお悩みを伺いまして。

 

今回は、毛穴の黒ずみをピックアップさせていただきます。

 

そもそも、毛穴の開きは、体内に過剰になった物質の排泄と言われています。その部位により、それらが原因で弱っている臓器が異なります。

 

→ 毛穴の開きについて、こちらの記事もご参考くださいね。

「鼻」の部位

主に、顔の中心部分に縦長に存在する「鼻」は、肺などの気管支を表すと言われています。

 

  • 鼻の頭は心臓
  • 中ほどは胃
  • 目と目の間辺りは膵臓(中医学では脾臓)
  • 眉と眉の間まで上がると肝臓

を、あらわすらしく。

 

色で診ると、

黒ずみは、

特に動物性食品過剰による陽性過多の排泄と言われています。動物性食品に関わらず、塩気の多い食品を過剰に摂取している場合も同様です。

 

赤みは、

陰性食品過多の排泄。甘いものやアルコール類、果物や飲料水、コーヒーなどが過剰な場合に、赤みとしてあらわれます。

 

さて、お心当たりは?

 

過剰摂取された食物は、もともと弱い臓器、または弱っている臓器に毒素として蓄積され、度が過ぎると病化に。

 

現代の生活習慣病と言われるものが、ほぼ、飽食により消化しきれなかった食物が、毒素となって体内に蓄積された結果、とも言われています。

 

毛穴の黒ずみや赤みが気になり始めたら、その時点で、それらをデトックスするための対処を、オススメします。

 

動物性食品の分解・排泄を促すための食材を積極的にメニューに取り入れることと、少しの我慢が必要となりますが、原因となっている食材の摂取を控えることを、オススメします。

 

どうしても「食べたい」衝動にかられる場合は、摂取量や回数を、いつもより減らしてみたり、摂取時は、それらの消化を助けてくれる食材を、多めに摂取するよう、心がけましょう。

 

動物性食品などの消化を手助けしてくれる食材とは、基本的に、昔から、それらの横に添えられている野菜がほとんど。最近は、そういった事を考慮せずに、並べられるお店も、増えていますけれど・・・

動物性食品の排泄をフォローする食材
大根(切り干し大根)、白菜、ネギ、玉ねぎ、小葱、セロリ、干し椎茸など 

都内のベジカフェで、ベジおやつを食べるだけの「ベジお茶会」開催のお知らせや、こちらのブログ更新情報、月の満ち欠けによるお勧めのデトックス情報などを、LINE@にて配信中!

スマホのLINEからQRコードを読み込むには、以下の手順でどうぞ。

1)スマホでQRコード画像を保存

2)LINEを開く

3)「友達追加」ボタンをタップ

4)「QRコード」をタップ

5)「ライブラリ」をタップ

6)保存したQRコードを選択

 

▼こちらからもQRコードが開けます

http://line.me/ti/p/%40wyt4727z

老廃物を分解・排除する食材
大根(葉・切り干し大根)、菊芋、長ネギ(根)、人参(葉)、ニラ、ごぼう、ハトムギ、葛、こんにゃく、干し椎茸など