身体の冷え

● 夏なのに、身体が冷えていませんか?

アジサイがきれいな梅雨の季節となりました。

これから暑くなるというこの時期ですが、今回は「身体の冷え」についての話を一つ。

 

身体に良い食事を心がけて、「玄米食」を試して5年近く経ちますが、ここ数年、昔なかった体の冷えを感じるようになった。

といったお声をいただきまして。

 

季節を問わず、身体の末端である手足からではなく、身体の中心部(腹部)が冷えるとも。

 

確かに、玄米は、スーパーフードと言われるほど完全食に近い食べ物です。

ですが、人というものは、生まれも育ちも、生まれ育った環境も、ご先祖様が食べてきた食べ物も異なりますので、みんな身体の特徴は、十人十色。ちなみに、今食べているものは、7代先の子孫にも影響すると言われています。思った以上に、自分が「食べる物」は、重要だということに気付かされます。プラス、その時々の体調により、マクロビオティック創始者の桜沢氏が示した「無双原理」で言うところの、陰陽の傾き具合も異なります。

 

例えば、「鼻水」ひとつとっても、「水っぱな」でタラタラと、陰性寄りの鼻水だったり、色も黄色で粘り気のある、鼻に詰まりやすい陽性寄りの鼻水だったり。右の鼻から出てくるのか、左の鼻から出てくるのか、同じ鼻水でも、その状態によって、対処すべき方法が、陰陽異なります。

また、その鼻水が出てくる原因自体が、人により異なります。

 

それなのに、「玄米」さえ食べれば大丈夫!というのは、あまりにも安易過ぎるということに。これは、炭水化物ダイエット、果物ダイエットなども同様で、他人が成功したからといって自分の身体に当てはまるとは限らないということにも。自身の身体が、どんな身体なのか、何を欲しているのか?わかってあげることが、元気の秘訣でもあります。

● 「身体の冷え」にも、陰陽2種類が存在します。

陰性過多の状態による冷えであれば、玄米や味噌といった塩気のある陽性寄りの食事で対処します。が、過去に自身の消化力以上に動物性食品を摂取しすぎてきている場合、それらを体外へ排泄する前の段階では、玄米や塩などの陽性寄りの食養が、かえって症状を悪化させることもあります。

 

そのような、陽極まったパターンからくる「身体の冷え」の場合、マクロビオティックでは、あまりお伝えしない「無塩食」を、一時的に取り入れてから、玄米食にするといった方が良い場合も。無塩食にすることで、過去に体内に溜め込んだ塩気(陽性寄りの老廃物)を、使い、新たに昔ながらの製法で作られた塩や玄米を摂取することで、新しい細胞を作り替えるようなイメージです。

 

マクロビオティックは、玄米菜食が中心ではありますが、だからといって、基本食(玄米、味噌、醤油、塩、海藻類、野菜中心)を絶対強制するものではなく、陰陽調和に重きを置いて、自分の身体に正直に、臨機応変に対処することで、心身ともに「健康」を保つための考え方でもあります。

 

「玄米菜食を試しているのに、改善されない身体の冷え」の場合、一度試してみる価値はありそうです。

 

ちなみに、西洋医学的な診方となりますが、身体の冷えをもたらす「むくみ」の原因にも、ナトリウム(陽性)の過剰によるもの(血圧の上昇を伴うむくみ)と、ナトリウム(陽性)不足によるもの、両方存在するようで。両者、体内に水分を過剰に保つことでむくみとなり、それが冷却装置の役割を果たし、冷えをもたらすとも。

 

参考資料:2018年4月号 Macrobiotique食で変わるココロとカラダ

(磯貝昌寛の正食医学)

● 「かぼちゃ」を食卓のメニューにひとつ

これからの「夏」を代表するお野菜の1つに、「かぼちゃ」が。

 

夏は、心臓と小腸、長夏(または土用)は、胃と膵臓の季節でもあります。

胃がとかくもともと弱い人、胃が弱っている人は、どうも「甘いもの」に手が伸びるようで。ちなみに春の季節の肝臓が弱っている人は、「脂っこいもの」に手が伸びるようです。

 

それぞれの臓器が、消化すべきものがうまく消化吸収されていないと、体がそれを「足りない」と誤認識することで起こる状態とも。そのような感覚を本気にして、それらを、適当な食材(食品添加物が入った加工品など)で摂取し続けると、結局のところ、それぞれの臓器を更に弱らせる傾向に。

 

胃の弱さからくる「甘いもの」の欲求には、穀物が本来持つ甘味や、野菜本来が持つ甘味をしっかりいただくことで制御したいところ。玄米を代表とする雑穀などの穀物は、本来、消化器の入口である「口」の時点で、よく噛むことで、それらを消化吸収してくれる唾液に含まれる酵素により、より甘味を感じながら摂取できるようになっています。

 

そして、野菜で言う甘さを感じられるものの代表格に、「かぼちゃ」が。かぼちゃは、夏に旬になるお野菜。取り立てを食べるより、少し時間を置いた方がおいしくなる野菜でもあります。

 

かぼちゃは、その種も含め、リンパの流れを促進し、腎臓や副腎の機能を高める役割も。

 

甘いデザートが食べたくなった時は、蒸したものに一つまみの塩を入れ、さらしで絞って、茶巾としていただいたり。炒めた玉ねぎとともに、とろとろのスープにしたり。

 

食養としては、かぼちゃの種もおすすめの1品。ナッツ類には、めずらしく、脂質や糖質が少ない割に、鉄分を多く含むため、貧血気味の方にもおすすめの食材。炒ったものを、荒くみじん切りにし、生サラダの上に振りかけたり、カレーのトッピングとして振りかけたりも。

 

最近やり始めた「ベジチーズケーキづくり」講座でも、タルト生地部分に「かぼちゃの種」を使っています。ナッツ類ですので、摂取しすぎるのはカロリーオーバーという点でもオススメできませんが、女性におすすめの食材です。

 

→ 【ベジチーズケーキづくり】★初心者歓迎!

 

 

胃が弱いと感じている方は、ぜひ、少量、お試しくださいね。

他のナッツと、栄養素を比較したグラフです。他のナッツ類と比べて、脂質、糖質が低いのに、鉄分が豊富なのがわかります。


ベジお茶会、ブログ更新情報や、預診講座等。ご登録はお気軽にどうぞ。

▼預診らぼLINE@

玄米チョコアイスの作り方

ベジチーズケーキづくり

▼マクロビブログはこちら

髪のはなし

満月と新月のはなし

口角のはなし

お便りの話~ふたたび~

背中の痛み

肘の裏と膝の裏のあせも

頬の毛穴

足の指は、大丈夫?

目尻のシワ

辛い物がやめられない

こめかみの青筋

フェイスラインのにきび

季節の変わり目の体調不良

ビールが飲みたいその訳は?

ニキビ&吹き出物

腰の痛み

肩こり

肘と膝のカサツキ

唇の荒れ

身体の冷え

目の下のクマ

眉間のシワと頬のシミ

こめかみのシミ

直観を研ぎ澄ます

一口で何回噛んでいますか?

病は氣から

あごのニキビ

全ては螺旋状で・・・

花粉症の鼻づまり

最近、笑ってる?

爪のはなし

シミのはなし

むくみとたるみ

食べない勇気

そろそろお掃除の季節に

鼻のはなし

判断力の7段階

足の薬指

こうじ菌のはなし

カボチャのシュレッドケーキ

久々にお手伝いを

タイ米を買ってきました

つくるとわかる

ここだけの話_食品添加物編

玄米クリームでデザートを

関節の痛みが気になる方へ

皮膚のトラブル(皮膚炎)

出てこい集中力!

血糖値が気になる方へ

糠漬けデビュー!

ほうれい線と頬のこけ具合

吉祥寺へ発芽ナッツを買いに

頬のそばかすの話

Let's go to "macrobistay"

メープルシロップvs身土不二

ベジカフェを密かに応援!

血虚にご注意を

その一口を大切に

舌診で自己チェック!

穀物を使ったスイーツ

春はデトックス―プでも

デーツとローカカオ

基礎代謝量はいかほどに?

黒豆ヤーコン茶

Would you like wild rice?

植物の力を借りる~祝新年~

咳と痰に感謝!

かんじん要、お元気ですか?

隣に立つということ

日本のBioトープとは?

石の上にも3年かしら?

そろそろ温活始めませんか?

胃腸の調子は大丈夫?

クリスマスに米粉のケーキを

露天風呂の陰陽を考える

ケール入り餃子

トマトの身土不二・・?

柿を食べすぎて●水が・・・

今日食べたものが・・・

日本に古来からある作物は?

ビーガンフェスin東京

macroな目で見る

温野菜サラダのボルシチソースかけ

蚊に刺される場所と時間

長夏の季節をご存じで?

眉でみる

体内フィルター「腎臓」のはなし

美しいということ

カレーに欠かせないお野菜とは?

キャベツのはなし
真夏のマルシェ
夏はかぼちゃの季節です
麻の効能
足で診る
お茶のはなし
くちびるを診る
そろそろ梅の季節です
足の小指のはなし
御朱印帳をご存じで?
最近の我が家の玄米フロー
たんぽぽコーヒーを作ろうかと
その旨味はだしにあり
野草の力でデトックスを(米糠のはなし)
砂糖と気になる「シミ」について
麻の実甘酒のいちごタルト
目を診る
黒米(古代米)入り玄米ご飯
酒粕クラッカーとレーズンボール
ノンクレド(Non credo)で行こう!
右と左
走りものはまだ早い
マクロビオティックの歴史について
人生初の普茶料理を
五臓を意識する
葛あんかけのハトムギ玄米ご飯
溶けないアイスクリーム
おお味噌か?
次の部屋をのぞいてみよう!
脱・炭水化物メニューとは?
眠れないということ
小さいけれど強~い味方「胡麻」のはなし
陰は陽を生じ・・・
ヤーコンの甘味について
頭痛のする場所
糖尿病予防に、粟(あわ)コロッケ
き・く・ら・げ
海藻の力 ~あらめとひじき~
ただ今人体実験中
遊ばざるもの食うべからず
「絶対的」な陰や陽はない
食の7段階で体調管理を
高野豆腐を使いこなす
高きびのじゃじゃ飯
葛(Kudzu:くず)のはなし
微粒子のはなし
大根を食べる
南瓜の種のはなし
粒を丸ごと食べること
2種類の便秘
求心力と遠心力
夏は「豆腐」の季節です
夏バテ対策
夏のお野菜「かぼちゃ」
ひき肉の代わりに
むくみに気付いたら
発酵のちから
にんにくが食べたい!その真意は?
陰陽の定理について考える~その1~
デーツで作る小豆餡
隣の芝生は青く見える?
目は口ほどに・・・
Brown rice


▼ 学ぶことのすすめ

実践で学びたい方は

「スクールへ通う」という手段もあります。(私も現在通い中)同じ志を持った仲間とともに学べる時間をつくることは、自分らしく生きるための第一歩ではないでしょうか。

▼ Twitterもやってます!