血糖値が気になる方へ

● 血糖値の上げ下げを担っているのは

既にご存じの方も多いと思いますが、血糖値の上下させる調整を担っている臓器は、膵臓。

 

オタマジャクシのような形をしていて色は黄色、正面から見ると、胃の裏側の見えない部分にあります。背中側にあるという位置で見ると、陽性寄りの臓器。

 

膵臓は、胃から小腸(十二指腸)に、食物が運ばれると、十二指腸の命令により、血糖を血液から細胞へ促す働きを持つホルモン「インシュリン」を十二指腸の乳頭(小さい口)から食物へ投入します。

 

また、血糖値が下がった場合に、血糖を上げるように、ホルモン「グルカゴン」を分泌、肝臓に血中糖度を上げるように支持するのも、膵臓の役目。

 

見えないところで大事な任務をこなしているのです。

 

現代の日本人の糖尿病のほとんどは、膵臓の働きがにぶりインシュリンの分泌が滞っていることによると言われています。

 

高血糖になると、口渇、多尿、またそれらによる合併症の白内障、腎症、神経障害、網膜症などの恐れが出てきます。手足の冷えや、足の指先が固くなったり、タコができるのは、過剰な脂肪の排泄ができないための症状とも。

 

お勧めの食材は、リンパ系を整える役割を持つ、皮つきハトムギや菊芋、南瓜の種や、粟(あわ)など。自律神経を整えて水分代謝を促すネギの根や、膵臓や腎臓に優しいキャベツ、マクロビオティックの定番食材の、にんじん、大根、玄米、たまねぎも。

皮ごと、または根の部分も食べた方が良いので、少し高くても、無農薬や有機のものをぜひ。

 

たとえ最初は、「美味しくない」と感じたとしても、陰陽極端な食事を避け、「油」を極力使わない調理方法で作られたものを常食としましょう。

● 次回預診カフェタイムは、6月24日(土)13:00~15:00

最近体調不良が続いている、シミやそばかすが気になる、吹き出物がよく出る、口内炎が・・・など。

 

赤坂の素敵大人カフェで、自分と向き合う時間を過ごしてみませんか?

 

前回、10日にご参加いただいた方からは、「楽しかった」とのご感想を頂いております(^_^)私自身も、とっても楽しい時を過ごさせていただきました。

 

日枝神社参拝や、TBS見学がてらでも、お気軽にお立ち寄りください。

 

→ 地図や詳細はこちら

● BrownRice Sandwich

地粉と白神酵母でつくられたいただき物のパンに、玄米と木綿豆腐のライスバーグを挟もう!と思ったのですが、繋ぎをあまり入れなかったため、固まらず(苦笑)結局単なる玄米ご飯サンドになってしまいましたが、それなりに美味しゅうございました(^人^)

 

ピクルスの代わりに、ズッキーニ菊芋糠漬けを薄く切ったものも、パンに挟み、塩気をプラス。味のワンポイントにもなり、これもまた美味しく。

 

ちなみに、菊芋は、糖尿病予備軍の方向けの食材の1つ。その場合、塩気を多くしすぎると、喉が渇き余計な水分を欲することになるため、味付けには注意が必要です。

 

写真は、マクロビオティック定番の「」をリンゴジュースで練ったものを、成熟小梅を冷凍しておいたものにかけて、冷やした「氷梅葛ゼリー」。

 

ジャガイモのデンプンを使った、最近の「片栗粉」と異なり、「葛の根」を使って作った本葛は、陰性寄りの片栗粉に比べ、根の部分を使っている葛は陽性寄りの食材。

 

片栗粉よりは値段がかなり高いのですが、「食養」として使いたいタイミングで、値段を気にせず思いっきり使えるように、大袋に入ったものを買っておくと、心理的にもさくっと使えるのでお勧めです(笑)→最近は大袋があまり見られなくなったように思いますが・・・

 

体を冷やしすぎない材料なので、夏の暑い日など、体が疲れている時におすすめのデザート

【となりの農家さんへ】

食べる人のことを考えたら、土づくりからこだわることに。農薬や化学肥料を使わずに、お米や野菜をこだわって作っている素敵農家さんと、つながってみませんか?

→ 農家さん情報を見る


家族の健康を考えて、食材からこだわりたい方へ。こだわり農家さんのことならお任せください!

→【となりの農家さんへ】

▼マクロビブログはこちら

こうじ菌のはなし

カボチャのシュレッドケーキ

久々にお手伝いを

タイ米を買ってきました

つくるとわかる

ここだけの話_食品添加物編

玄米クリームでデザートを

関節の痛みが気になる方へ

皮膚のトラブル(皮膚炎)

出てこい集中力!

血糖値が気になる方へ

糠漬けデビュー!

ほうれい線と頬のこけ具合

吉祥寺へ発芽ナッツを買いに

頬のそばかすの話

Let's go to "macrobistay"

メープルシロップvs身土不二

ベジカフェを密かに応援!

血虚にご注意を

その一口を大切に

舌診で自己チェック!

穀物を使ったスイーツ

春はデトックス―プでも

デーツとローカカオ

基礎代謝量はいかほどに?

黒豆ヤーコン茶

Would you like wild rice?

植物の力を借りる~祝新年~

咳と痰に感謝!

かんじん要、お元気ですか?

隣に立つということ

日本のBioトープとは?

石の上にも3年かしら?

そろそろ温活始めませんか?

胃腸の調子は大丈夫?

クリスマスに米粉のケーキを

露天風呂の陰陽を考える

ケール入り餃子

トマトの身土不二・・?

柿を食べすぎて●水が・・・

今日食べたものが・・・

日本に古来からある作物は?

ビーガンフェスin東京

macroな目で見る

温野菜サラダのボルシチソースかけ

蚊に刺される場所と時間

長夏の季節をご存じで?

眉でみる

体内フィルター「腎臓」のはなし

美しいということ

カレーに欠かせないお野菜とは?

キャベツのはなし
真夏のマルシェ
夏はかぼちゃの季節です
麻の効能
足で診る
お茶のはなし
くちびるを診る
そろそろ梅の季節です
足の小指のはなし
御朱印帳をご存じで?
最近の我が家の玄米フロー
たんぽぽコーヒーを作ろうかと
その旨味はだしにあり
野草の力でデトックスを(米糠のはなし)
砂糖と気になる「シミ」について
麻の実甘酒のいちごタルト
目を診る
黒米(古代米)入り玄米ご飯
酒粕クラッカーとレーズンボール
ノンクレド(Non credo)で行こう!
右と左
走りものはまだ早い
マクロビオティックの歴史について
人生初の普茶料理を
五臓を意識する
葛あんかけのハトムギ玄米ご飯
溶けないアイスクリーム
おお味噌か?
次の部屋をのぞいてみよう!
脱・炭水化物メニューとは?
眠れないということ
小さいけれど強~い味方「胡麻」のはなし
陰は陽を生じ・・・
ヤーコンの甘味について
頭痛のする場所
糖尿病予防に、粟(あわ)コロッケ
き・く・ら・げ
海藻の力 ~あらめとひじき~
ただ今人体実験中
遊ばざるもの食うべからず
「絶対的」な陰や陽はない
食の7段階で体調管理を
高野豆腐を使いこなす
高きびのじゃじゃ飯
葛(Kudzu:くず)のはなし
微粒子のはなし
大根を食べる
南瓜の種のはなし
粒を丸ごと食べること
2種類の便秘
求心力と遠心力
夏は「豆腐」の季節です
夏バテ対策
夏のお野菜「かぼちゃ」
ひき肉の代わりに
むくみに気付いたら
発酵のちから
にんにくが食べたい!その真意は?
陰陽の定理について考える~その1~
デーツで作る小豆餡
隣の芝生は青く見える?
目は口ほどに・・・
Brown rice


▼ 学ぶことのすすめ

実践で学びたい方は

「スクールへ通う」という手段もあります。(私も現在通い中)同じ志を持った仲間とともに学べる時間をつくることは、自分らしく生きるための第一歩ではないでしょうか。

▼ Twitterもやってます!