強い心意気を持つ樹木とは?

スーパーの目玉商品に、「梅」が出てくるようになりましたね。

 

松竹梅で「めでたい物」として知られる梅ですが、梅はその中でも、寒中に美を養い(知恵を養い)、他に先駆けて花を開くため、強い心意気を持つ樹木とされているようです。


そして、梅干しは、私の口内炎時の常備薬としていつも冷蔵庫に。

今年も梅干しを作るぞ!と意気込んでおります。

 

マクロビオティックでは、体が弱っている際に、梅の梅肉を入れた番茶「梅醤番茶」(うめしょうばんちゃ)を飲む習慣もります。

 

そして、梅干しを作る際にできる液体(副産物)は、「梅酢」として調味料になります。梅干しを作った人だけが得られる嬉しい調味料なのです。

 

生野菜のサラダにかけたり、手巻き寿司や混ぜ寿司などの酢飯を作る際に、酢のかわりに使ったり、お酢よりはやわらかい味の調味料ですので、体内に負担をかけない調味料として重宝します。

 

紫蘇を使って梅干しを作った場合は、赤色の梅酢ができるので、白カブなどにかけると、薄いピンク色に染まり、着色役としても大活躍です。

 

「梅酢」を試してみたいなと思った方は、ぜひ今年は、梅干しづくりをおすすめします。