2017年

10月

08日

こうじ菌のはなし

● 相棒が帯状疱疹になりまして

旦那が帯状疱疹になりまして。

 

忙しさを理由に、マクロビ食から遠のいていたことと、睡眠時間の短い日が続き、プラス、本人が、1日1食宣言をしたことにより(私は、お腹がすきすぎたので、途中、断念しました)、免疫力の低下と極度の緊張、疲労が重なった結果のように思います。

 

結局入院することに(涙)

左はひどくなる前の状態で、右は、入院を宣言された直後の状態。痛々しく。

ここ数年、マクロビの食養などにより、病院知らずで過ごして参りましたが、今回の緊急事態は、そうはいかず、しっかり病院のお世話になりました。病院に感謝!

 

最近の病院事情は、医療の進歩により、短期入院が多いことと、1日の入院費用が以前より増えたこと。

 

同じ病室内では、70歳以上の男性で長患いの方が多く。糖尿病患者も多いので、気軽に買ってきた果物などをおすそ分けもできず。

 

ただし、静かな環境でしっかり療養はできたようです。顔色は良くなりましたが、体質が昔の陰性過多の状態にやや戻ったようにも見受けられます。

● 味噌を使った料理と人参ジュースを

とりあえず、「玄米の力」もお借りしたく、お腹がすいた時に、ポリポリつまめるお醤油味の炒り玄米をつくりまして。ちょっと硬く(苦笑)

→ 玄米の話はこちらもどうぞ

免疫力が低下していることが一番の原因ということで、体温UPと免疫力UP用に、味噌汁玄米味噌おじや、味噌おにぎりなど。

→ 味噌の話はこちらもどうぞ

 

血液を浄化するために、人参のすりおろしとリンゴジュースとレモンの絞り汁を混ぜた人参ジュースを毎日、当分の間、飲ませることにいたしました。速く治りますように!

→ 人参ジュースネタはこちらも

【預診カフェ】10月22日(日)

10月22日(日)13:30~

赤坂の結カフェにて、預診カフェタイムを行います。

「自分ってすごい!」自分自身に、ぜひ感動しに、いらしてください(^_^)

→ 申込み・詳細はこちらのページから

● こうじ菌のはなし

実は、昨今、朝早く起きては、断舎利&掃除を少しずつ進めておりまして。

 

年末にはまだ早いのですが、運気UPのためにも、断舎利を兼ねてそれらの掃除をコツコツやり始めたのですが、買ったのに全く読んでいなかった2010年1月号の「現代農業 こうじ菌ばんざい」を見つけ・・・

 

ご存じのとおり、マクロビオティックのメニューで時々出てくる甘味料の「甘酒」も、このこうじ菌からできています。免疫力UPにもぜひ。

● 日本のこうじ菌は2種類

日本酒や味噌・醤油に使うのは「黄こうじ(アスペルギルス オリゼー)」

 

タンパク質の分解力が旺盛ですが、暑さに弱い傾向に。日本酒向けのこうじは、タンパク質分解力が弱いものとも。

 

暑い地域の名産に多い焼酎に使うのは「黒こうじ(アスペルギルス ニガー)」。黄こうじに比べて分解の速さはスローですが、クエン酸を生み出せて、生成する酵素が耐酸性。黄こうじより暑さに強く、持続力もあります。

 

こうじ菌ではありませんが、我が家でも定番になった糠漬けに使う糠に、水を加えると発酵する際に活躍するのは、「クモノスカビ(リゾーブス)」。

 

プラス、糠漬けが体に良いと言われているのは、糠に漬ける野菜についている乳酸菌が糠に酸味をプラスし、それが再び野菜の味として浸透することと、野菜のビタミンを損なうことなく、更にB1などは増えた状態で野菜を摂取できるようになるから。

 

植物性の乳酸菌は、腸まで届きやすく、整腸作用が見込めるので、おすすめ。

→ 糠漬けの話はこちらもどうぞ

ベジお茶会、やりま~す!

1015日()15:30~、巣鴨のマクロビオティックな甘味処「七福神」にて、気楽なベジお茶会をいたします。ベジおやつを食べながら、気軽にお話しませんか?限定5名まで。

 

・ マクロビオティックな甘味を試しに食べてみたい方

・ベジに興味がある方

・マクロビオティックに興味のある方

・ベジおやつに興味のある方

・たまにはベジな人と話がしたい方

 

など、お気軽にどうぞ。

 

 

→「ベジお茶会」の詳細はこちら


2017年

9月

25日

カボチャが美味しい季節になりました!

● カボチャの季節は?

カボチャの美味しい季節となりましたが、カボチャの旬はいつかご存じで?

 

実は、カボチャは夏のお野菜なのです!昨今、年中スーパーで売られているので、「旬」がいつなのか、わからなくなりつつありますね。

 

でも、私、個人的に、ハローウィンより少し前のあたりで食べられるカボチャの味が、ホクホク甘く栗のようでもあり、好きでして。

 

今回は、カボチャをおいしくいただくための、砂糖や乳製品不使用の、簡単焼き菓子を作ってみました。

● 月1回の【預診カフェタイム】

忙しさにかまけて、先送りにしていた【預診カフェタイム】を、月1回で、行うことにしました。もしかすると、開催場所が、変更になる場合がございますが、

 

・顔に出る吹き出物が気になる

・ホクロが気になる

・口内炎に悩んでいる

・お通じが芳しくない

といったことでお悩みの方へ、自分自身の内にある「すごさ」を発見していただくための内容となっております。

 

できることなら通院したくない、自分で健康管理をしたい!そうお考えの方にぴったりです。

 

→ 【預診カフェタイム】開催日程、詳細、お申込みはこちらから、どうぞ。

 

※ カフェは、マクロビ仕様ではございません。ご容赦願います。

● カボチャのシュレッドケーキ風

簡単そうなカボチャのお菓子レシピを探したところ、「シュレッドケーキ」のレシピを発見!

 

早速それもどきを作ってみました。

 

千切りにしたカボチャに、塩を小麦粉を軽くふり、熱したフライパンに平らに焼きます。裏表、焼けたら、コンポートを塗って、更にその上に、平らに焼いたカボチャを乗せ、層にします。

 

炒ったくるみの荒みじん切りをふりかけて、できあがり!超簡単でしょ?

 

今回、参考にしたのはこのレシピ本!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

● コンポートにしたのは

アメリカ産の「カレンツ」。干し葡萄より小さめの粒の干しフルーツ。

 

本来は杏のコンポートで良いようですが、我が家に丁度あったので、使ってみました。

 

コンポートの作り方もいたって簡単!干しカレンツに、熱湯をヒタヒタになる程度そそぎ、フタをして10分程度蒸らし、弱火で、お湯が少なくなるまで静かに煮詰めます。

 

もともとの糖度が高いため、砂糖を入れる必要はありませんが、鍋に焦げ付くので、火加減や火にかける時間にご注意を。


0 コメント

2017年

9月

18日

助手見習いのお仕事

● 久々にスクールへ

クッキングスクールの助手見習いのお仕事をしまして。

 

ふいに入った依頼だったのですが、スケジュール管理が苦手な私、予定があったのに、忘れて入れてしまいました(苦笑)

 

久々に、

  • 下準備をしっかり
  • 時間内にできあがるよう
  • よく噛んで食べる
  • 「いただきます」「ご馳走様」は、両手を合わせて、感謝の気持ちを込めて

 

いつもマイペースでゆっくりペースな私ですが、できるできないは別として、スクールのお手伝いは、しっかりきびきび、無駄のない動きを意識します。

● リマカフェで洋風パフェを

しっかりきびきび動いた後は、決まってまったりしたくなるもの。これも陰陽調和なのかと。

 

ウィークエンドは、1日に、2講座分を行いますので、お料理も2回ほど食べるタイミングが。お腹もいっぱいになるのですが、デザートは別腹ということで(笑)

 

隣接しているリマカフェで、洋風パフェ(玄米パフの上に、玄米チョコソフトクリーム、麦や乾燥リンゴ、ジャムなどがのったもの)をいただきました。こちらも美味しゅうございました(^人^)

 

これで、580円。ほんのり甘酸っぱい大人なパフェでした。

● 蓮根のすまし汁が染みるのです

里芋に、蓮根をすりおろした汁物、玄米に雑穀類が入った、お粥、ゴボウを食パンで巻いたゴボウロールなど。

 

お料理の味や見た目は、自分が習った頃を思いださせてくれますね。どれもとても美味しゅうございました(^人^)

● 葛のお料理も

今回は、葛のお料理が2品ほど。

同じ葛を使っているのに、おかずになる味と、デザートになる味と。

 

使っている調味料は、基本のもののみなのに、これほどレパートリーがつくれるということに、あらためて感動しました。

 

→ 葛については、こちらの記事もどうぞ

● 今月の預診カフェは、9月24日(日)13:30~15:00

吹き出物、ニキビ、口内炎、ホクロなど。

自分の体のちょっとした、気になる症状の元を探ってみませんか?

 

預診カフェタイムでは、手足口などの末端に表れる症状と、内臓の関係についてを学べます。

 

ご自身やご家族の健康管理に役立つ、望診知識の他、各内臓を補佐してくれるお野菜などの食材を学んで、お薬や病院に頼りすぎないライフステージへ、踏み出してみませんか?

→ 詳細・お申込みはこちら


0 コメント

2017年

9月

03日

タイ米を買ってきました

● 実はこっそりタイへ行きまして

実は、お勉強をしに、急遽タイに行ってきました。タイに下りるのは、2回目でしたが、空港から外に出るのは、初めてでして。

 

印象としましては、広大な平地と、日本車の多さ。東京の蒸し暑さよりは、自然豊かな分、若干涼しかったような気もします。

 

もちろんお食事は、パクチーなどの香菜入りの酸っぱ辛いお料理が多く。私としては美味しくいただけました(笑)

初めてのタイでのお勉強は、

定刻に始まり定刻で終わるといった、セカセカきっちりした、日本のタイムスケジュールはなく、まったり時間が過ぎ、でも、中身はみっちり勉強という感覚に。

 

ただし、英語の授業は、通訳が入ったものの、トークのスピードが速く、ひたすら何を話しているのか?英語のトークに集中する時間を過ごすことに。

 

やはり「英語」を理解して話せるようになりたい!そう痛感です。義務教育で、それらを学んできたのに、全くそれができていない自分が、かなり情けなく。

 

旅行慣れした方々から教えていただいた事は、

タクシーは、ぼったくりに注意すること。夜は特に、女性1人では乗らない方が良さそうだということも。タクシー自体を、日本にいながら、予約が取れるので、前もってちゃんとした会社に予約しておくのが良さそうです。空港に着いたら、出口の所で、お出迎えしてくれる場所があります。そこに自分の名前を出してもらえるようお願いすると、スムーズかと。

 

便利なことに、コンビニも散在していて、セブンイレブンとファミリーマートが、同じような場所に複数並んでおりまして。日本との違いは、おでんがないことと(笑)、コピー機がないこと。何かを印刷したい場合は、ホテルのフロントに依頼するのが良さそうです。プラス、ホテルマンが全て英語を話せるか?という点も注意が必要。話せない人も多いようです。

 

体験してわかったのは、コンビニで買える、アルコール類は、21:00以降買えなくなったり、コンビニなのに、お土産のアロマなろうそくや石鹸なども破格値で並んでいたり。

 

ビーチが近かったからなのか、コンビニの近くには決まって、露店があって、タイと思われる形の魚の丸焼きや、鶏の燻製、カニや貝がそれぞれザルなどに積まれて、若者がそこで楽しくデートかな?食事をしていたり。

● 勤勉さはアジアの至る国々でも

今回、アジアの様々な国の人の行動を観ていて思ったのは、今や勤勉さは日本以外の国の方が大きいかもしれない?ということ。

 

プラス、リアクションや盛り上がり具合が、お国ごとに全く異なるので、日本人も、もっと他の国の人のように、素直に喜んだり、素直に笑ったりしても良いのでは?と、感じた場面も多々ありまして。

 

それらの1番の壁は、他国が理解できている「英語」を私も含めほとんどの日本人が理解できなかったこと。

これがまた、自分に対しても悔しく。

●古代小麦粉を使ってパンケーキを

地粉(南部小麦)古代小麦粉を1:1でブレンドした粉にアルミフリーのふくらし粉を少々。玄米クリームをお水代わりに、麦芽糖を砂糖の代わりに、乾燥イチジクや干し葡萄、クルミを入れたパンケーキを焼きました。

 

ほんのりイチジクの苦味が効いている大人のおやつに。振り掛けたのは、炒ったエゴマです。

● お米は検疫しないと持ち込みできず

そんなこんなで、なんとか帰って来れましたが、現地に向かう日本の方や、現地から帰る日本の方に、ほぼ初対面だったにも関わらず、かな~りお世話になりました。感謝(^人^)!日本人は優しいですね。つくづく。

 

もう1つ、半マクロビアン精神から、つい、タイの空港内でタイ米を買ってしまい。1袋500g入っていて、100バーツ(おそらく空港価格で若干高くなっているかと。1バーツ3.3円前後)。

 

そして、私、日本に入国の際に、お米は検疫が必要だったのをすっかり忘れておりまして。なんとなく聞いてはいたのですが、覚えておらずでして。

 

到着日から日本のスケジュールがみっちりだったのに、これらの後処理で、空港でかなりの時間をロスしました。

 

今回の旅は、目的が勉強でしたので、その会場とコンビニ、空港くらいしか出歩けませんでしたが、1つだけ、タイマッサージを体験するために街中へ出向いた日もありまして。

 

片言の日本語で「かたいねぇ~」と言われながら2時間もマッサージしてもらいました。それがまた、痛気持よく。

 

チップを渡す際に、担当してくれたタイのお母さん?に、来る途中で買ってきた缶ビールを1本プレゼントしちゃいました。私がもらったら嬉しいと思って手渡しましたが、当人が、喜んでくれたかは微妙です(苦笑)

●タイ米は日本のお米よりパサパサで

ご存じのとおり、タイ米は、日本のお米より面長で、炊き上がりがパサパサしているので、ピラフにピッタリでして。実はタイ米、相棒が大好きなご飯でもあります。

 

さっそくターメリックを使ってピラフに。(具がなかったので、具なしピラフになりました)

9月になったら、これをやろう!と計画を立てておりましたが、このタイ旅行で、やるべき優先順位が大きく変わりまして。

 

例え他の方から見て、滑稽に見えたとしても、自分は自分。今はこれをやってから、次に進む時期なのだと、あらためて認識いたしました。

 

今回のお1人様旅行で、自ら動くことにより、心身共に疲れるタイミングも増えましたが、玄米をしっかり噛んで食べて、自分は何をするべきなのか?自分の中に問いかけて、やるべきことをやってから次に進む、そう決心した次第です。

 

いろいろ思うところもおありかと存じますが、今後とも、長~い目で見守っていただけますよう、よろしくお願い申しあげます。


0 コメント

2017年

8月

12日

つくるとわかる?

● 夏なので、羊羹を作ることに

マクロビオティックに出会ってから、乳製品がたっぷり入ったケーキやクッキーを好んで食べなくなりまして。

 

お付き合いで、時々それらを口にすると、色々な意味で、その凄さに気付かされます。

 

 

甘い物が食べたくなるのは、依存症なのかしら?と考えるのですが、女性はこの「甘味」を我慢できず、一度良くなりかけた体調を悪くすることも多いと聞きます。

 

一番よくわかるのは、自分でそれらのお菓子などを作ってみるとその差がわかりやすく。

 

ということで、久々に小豆羊羹を作ることに(笑)

棒寒天を水でふやかし、小豆を煮込んでいる小鍋に一緒に入れて、それを溶かしました。葛も少し加えることで、少しねっとりした粘りのある羊羹になるかと。

 

甘味は、

  • 自然塩を少々
  • デーツも5粒ほど
  • 麦芽糖と米飴を少々

これらの甘味は、化学調味料ではなく自然の甘味をそのまま利用した甘味料、甘味料代わりの食材です。

 

こんなことをしている私は、おそらく、普通の人から見ると、風変わりで変なこだわりのある人=変人と、見られていることでしょう。私自身もそう思います(苦笑)でも・・・

● 三代先の蚕に・・・

前回のブログにも少しだけ書き込みましたが、人類が作り出したとある「添加物」について、衝撃的な内容をお聞きした一部を少しだけ。

 

人間が食べても、さほど影響はないという前提で普通に使われている、とある添加物を、蚕に与えて実験した結果、三世代先の蚕から、奇形が多く生まれたとのこと。

 

「知らない」ことは恐ろしいことだと改めて思った内容でした。

 

みんなが食べているから、●●の印がついているから、入っている食材が表示されているから、など。他人の動向や世の中の流れに左右されて、そのようなカラクリに気付くことなく流されることに。

 

実際にそうなってしまってから、そうなった人達が、その時代のせいにして悔しい想いをせざるを得なくなるのではないか?と。悲しいかな、自ら気付き、自分自身を信じる勇気が、ものすごく必要となる時代になったなとも。

 

少なくとも、子を持つお母さんには、その重要さにいち早く気付いて欲しいと願う昨今です。

● 残ったカレーでカレーパンを

残ったカレーでカレーパンもどきも。

カレールーを棒寒天とともに再度煮込み、冷蔵庫へ。カレーゼリーをつくったら、パン生地でくるみ焼き上げます。

 

今回は、パン生地に玄米粉とココナッツパウダー、古代小麦の小麦粉を使用しました。カレーは前の晩に食べたベジカレーの残り。ゼリー状になったカレーは、パンの生地にくるみやすく。

 

焼き上がったその形は、若干いびつでしたが(笑)、昔懐かしい味噌パンのようなずっしりお腹に入る優しい甘味のカレーパンになりました。

● 玄米ご飯を潰して、玄米パンにも

夏の暑さで、つるりとした蕎麦やそうめんを食べたくなりますが、玄米を摂取することの大切さを体の中から知っているので、どうやって食べようか?と考えることもしばしば。

 

残った玄米ご飯をすり棒でついて、地粉(国産小麦)を少し混ぜ、お湯で溶かした米飴と、荒みじん切りしたクルミ、白胡麻を混ぜて、丸めたものをオーブンに入れて焼き上げました。

 

これもちょっと甘味のある玄米パンに。お米でできているパンもどきなので、モチモチお団子を焼いたような触感のパンに焼き上がります。

● つくるとわかったのは・・・

甘味のあるおやつを作ってわかったのは、甘味料を沢山入れたのにもかかわらず、刺激的な甘みにはならないこと。

 

イコール、普段から刺激の強い甘味を食べていることに気付きます。

 

本来の自然界から得られる甘味は、優しくて、余分にカサを増していないので、ずっしりお腹に入る重みが感じられます。沢山食べられないお菓子が、食材そのものを使って作られた、必要以上に膨らませたり増量していない食べ物だということにも気付かされます。

 

正直、私も含め、刺激的な味に慣れていて、ふっくらやわらかな食感が食べやすいと感じている人にとっては、これらの素朴なお菓子は、ものすごく美味しい!という味ではないかもしれません。

 

でも、本来の味や食感に気付くことで、今、よく食べている食べ物が、今後の時代を担う子供たちにも食べさせて良い物なのだろうか?その先の未来を考えずに食べ続けて良いだろうか?という点を、どうかもう少し慎重に考えられる人が増えますように・・・と願わずにはいられないのです。

● 次回の預診カフェタイムは、26日(土)13:30~

口内炎がよくできる、シミやホクロが目立つ、よく風邪をひく、生理痛がひどい、偏頭痛持ちなど。病院に行くほどでもないけれど、時々我慢している症状がある方に、自分自身の体とじっくり向き合っていただくためのカフェタイムです。

 

赤坂の大人カフェで行いますので、日枝神社やTBS見学のついでにお寄りいただける場所でも。

 

自分自身を鏡で見ることで、顔や舌などに出ている症状により、体内の臓器の弱りを予想する簡単な「望診」を学べます。

 

これから家族が増える方、これから母になる方、または老後はぴんぴんコロリを目指したい!という方にお勧めのカフェタイムです。

 

→ 詳細、お申込みはこちらからどうぞ


0 コメント

食べることが大好きなあなたへ、いつの間にやらやせていた冊子のご紹介

kindleアプリで、スマホやタブレットでも読書ができる!



▼マクロビブログの過去記事一覧

こうじ菌のはなし

カボチャのシュレッドケーキ

久々にお手伝いを

タイ米を買ってきました

つくるとわかる

ここだけの話_食品添加物編

玄米クリームでデザートを

関節の痛みが気になる方へ

皮膚のトラブル(皮膚炎)

出てこい集中力!

血糖値が気になる方へ

糠漬けデビュー!

ほうれい線と頬のこけ具合

吉祥寺へ発芽ナッツを買いに

頬のそばかすの話

Let's go to "macrobistay"

メープルシロップvs身土不二

ベジカフェを密かに応援!

血虚にご注意を

その一口を大切に

舌診で自己チェック!

穀物を使ったスイーツ

春はデトックス―プでも

デーツとローカカオ

基礎代謝量はいかほどに?

黒豆ヤーコン茶

Would you like wild rice?

植物の力を借りる~祝新年~

咳と痰に感謝!

かんじん要、お元気ですか?

隣に立つということ

日本のBioトープとは?

石の上にも3年かしら?

そろそろ温活始めませんか?

胃腸の調子は大丈夫?

クリスマスに米粉のケーキを

露天風呂の陰陽を考える

ケール入り餃子

トマトの身土不二・・?

柿を食べすぎて●水が・・・

今日食べたものが・・・

日本に古来からある作物は?

ビーガンフェスin東京

macroな目で見る

温野菜サラダのボルシチソースかけ

蚊に刺される場所と時間

長夏の季節をご存じで?

眉でみる

体内フィルター「腎臓」のはなし

美しいということ

カレーに欠かせないお野菜とは?

キャベツのはなし
真夏のマルシェ
夏はかぼちゃの季節です
麻の効能
足で診る
お茶のはなし
くちびるを診る
そろそろ梅の季節です
足の小指のはなし
御朱印帳をご存じで?
最近の我が家の玄米フロー
たんぽぽコーヒーを作ろうかと
その旨味はだしにあり
野草の力でデトックスを(米糠のはなし)
砂糖と気になる「シミ」について
麻の実甘酒のいちごタルト
目を診る
黒米(古代米)入り玄米ご飯
酒粕クラッカーとレーズンボール

ノンクレド(Non credo)で行こう!
右と左
走りものはまだ早い

▼マクロビブログの過去記事一覧

▼マクロビブログの過去記事一覧

▼マクロビブログの過去記事一覧


家族の健康を考えて、食材からこだわりたい方へ。こだわり農家さんのことならお任せください!

→【となりの農家さんへ】

▼マクロビブログはこちら

こうじ菌のはなし

カボチャのシュレッドケーキ

久々にお手伝いを

タイ米を買ってきました

つくるとわかる

ここだけの話_食品添加物編

玄米クリームでデザートを

関節の痛みが気になる方へ

皮膚のトラブル(皮膚炎)

出てこい集中力!

血糖値が気になる方へ

糠漬けデビュー!

ほうれい線と頬のこけ具合

吉祥寺へ発芽ナッツを買いに

頬のそばかすの話

Let's go to "macrobistay"

メープルシロップvs身土不二

ベジカフェを密かに応援!

血虚にご注意を

その一口を大切に

舌診で自己チェック!

穀物を使ったスイーツ

春はデトックス―プでも

デーツとローカカオ

基礎代謝量はいかほどに?

黒豆ヤーコン茶

Would you like wild rice?

植物の力を借りる~祝新年~

咳と痰に感謝!

かんじん要、お元気ですか?

隣に立つということ

日本のBioトープとは?

石の上にも3年かしら?

そろそろ温活始めませんか?

胃腸の調子は大丈夫?

クリスマスに米粉のケーキを

露天風呂の陰陽を考える

ケール入り餃子

トマトの身土不二・・?

柿を食べすぎて●水が・・・

今日食べたものが・・・

日本に古来からある作物は?

ビーガンフェスin東京

macroな目で見る

温野菜サラダのボルシチソースかけ

蚊に刺される場所と時間

長夏の季節をご存じで?

眉でみる

体内フィルター「腎臓」のはなし

美しいということ

カレーに欠かせないお野菜とは?

キャベツのはなし
真夏のマルシェ
夏はかぼちゃの季節です
麻の効能
足で診る
お茶のはなし
くちびるを診る
そろそろ梅の季節です
足の小指のはなし
御朱印帳をご存じで?
最近の我が家の玄米フロー
たんぽぽコーヒーを作ろうかと
その旨味はだしにあり
野草の力でデトックスを(米糠のはなし)
砂糖と気になる「シミ」について
麻の実甘酒のいちごタルト
目を診る
黒米(古代米)入り玄米ご飯
酒粕クラッカーとレーズンボール
ノンクレド(Non credo)で行こう!
右と左
走りものはまだ早い
マクロビオティックの歴史について
人生初の普茶料理を
五臓を意識する
葛あんかけのハトムギ玄米ご飯
溶けないアイスクリーム
おお味噌か?
次の部屋をのぞいてみよう!
脱・炭水化物メニューとは?
眠れないということ
小さいけれど強~い味方「胡麻」のはなし
陰は陽を生じ・・・
ヤーコンの甘味について
頭痛のする場所
糖尿病予防に、粟(あわ)コロッケ
き・く・ら・げ
海藻の力 ~あらめとひじき~
ただ今人体実験中
遊ばざるもの食うべからず
「絶対的」な陰や陽はない
食の7段階で体調管理を
高野豆腐を使いこなす
高きびのじゃじゃ飯
葛(Kudzu:くず)のはなし
微粒子のはなし
大根を食べる
南瓜の種のはなし
粒を丸ごと食べること
2種類の便秘
求心力と遠心力
夏は「豆腐」の季節です
夏バテ対策
夏のお野菜「かぼちゃ」
ひき肉の代わりに
むくみに気付いたら
発酵のちから
にんにくが食べたい!その真意は?
陰陽の定理について考える~その1~
デーツで作る小豆餡
隣の芝生は青く見える?
目は口ほどに・・・
Brown rice


▼ 学ぶことのすすめ

実践で学びたい方は

「スクールへ通う」という手段もあります。(私も現在通い中)同じ志を持った仲間とともに学べる時間をつくることは、自分らしく生きるための第一歩ではないでしょうか。

▼ Twitterもやってます!