無塩食を試してみました

無塩食(塩断食)を試してみました

実のところ、ここ1ヶ月程度、

ほぼ休みなしで過ごしておりまして。

 

そうこうしているうちに、

以下のようななんとなく変な体調不良に

  • 身体のこわばり
  • 寝ても取れない疲労感

 

預診タイムを受講された生徒さんの中にも、全く同じではないにしても、同じ様な症状で悩んでいる方も、ちらほらいらっしゃったことを思い出しましたので、

自分の身体を使って、ちょっと人体実験でもしてみようかと。

 

正直、これらの症状だけであれば、

見逃し続けていたのですが、

不幸中の幸いというべきなのか、

身から出た錆とでも言いますか、

 

右足くるぶしの骨折がようやく治った~!と思ったら、

また派手に転びまして。

それも悲しいかな、

転ぶ要因がほぼ何もない場所で。

 

結果的に、

左の腰と肩周りが不調に。

 

サンダルで走り回ったのが原因ではありますが、

転ぶまでの経緯をいろいろ振り返ると、

昨今の身体からのSOSを

無視していたからかもしれない・・・と。

 

同僚や相棒曰く、

「右」の次の「左」なので、

バランスが良いのでは?とも。

 

確かに、おっしゃるとおり、

身体がバランスをとるための、

やむを得ない事故だったのかもしれませんけれど、

 

当人からしてみると、

右の次は左なんて、

痛みを何度も受けるのは、

できれば勘弁して欲しく。

 

残念ながら、未だ完治できておりませんが、

今回は、そんな昨今の出来事を書かせていただこうかと。

その不調は、古塩の仕業かも?

<a href="https://www.photo-ac.com/profile/1147610">HiC</a>さんによる<a href="https://www.photo-ac.com/">写真AC</a>からの写真

以前、マクロビオティック歴の長い先輩方に、

「無塩食」や「塩断食」の話を聞いたことを思い出し。

 

その時に、とりあえず購入していた、まだ読み終わっていない書籍を、

再び開いてみることとしました。

▼手にした書籍はこちら

美肌=美腸?【預診講座】で自顔チェックを始めてみませんか?

なぜそのニキビが、そこにできたのか?

なぜそのシミやホクロやシワやたるみが、そこにできたのか?

おおよその原因と対策が、自己Checkきたら、嬉しくないですか? 

 

預診講座」は、マクロビオティックの望診を元にした、BodyCheckとともに、どうすれば良いか?を「食」に絡めて学べるマンツーマンレッスンです。

→ 詳細を見る


それによると、

古塩(こえん)」というものが、

常に体内に蓄積されているようで。

 

これが溜まり続けることで、

慢性的な体調不良の症状があったり、

必要以上に食べてしまったり、

やめられない止まらないという習慣が残ったり

(私の場合は極陰のアルコールや甘い物)、

痩せられない、太れないといった悩みに通じていたり、

するらしく。

 

古塩とは、過去に摂取してきた塩分やタンパク質や脂肪などの栄養素で、

飢餓などで栄養摂取できなくなった場合に、

使える栄養素として、

古代から人間の体内で、

勝手に溜めてしまうもの。

 

これらは、

農が始まる前の古代の人々にとっては、

「飢餓」に苦しむ時期がそれなりにあったため、

その際に、とても役に立つ身体の仕組みでしたが、

 

飽食になることが滅多にない現代では、

逆にそれらが溜まりすぎて、

体内に要らない毒素と化してしまう仕組みでもあるとのこと。

 

この毒素化してしまった古塩が、

体内で悪さをし始めると、

様々な身体の不調が発生し始めるようで。

 

特に私の場合、

身体がものすごく硬いため、

それを知った鍼灸の先生や同僚などから、

その硬さにびっくりされることもよくあり。

 

身体の硬さは、今に始まった話ではないのですが、

いろんな人からびっくりされるには、

相当の度合いなのだろうという感じが。

 

特に背筋力のなさと、

背中の硬さは人一倍。

 

発生学的観点からみても、

背中は背骨も通っている大事な部位でもあり、

ある程度の硬さを欲する部位でもあるため、

摂取してきたミネラルが集中する部位でも。

 

濃い味が好きなのも相まって、

過去からの塩分過剰が、

拍車をかけていそうだな?

という自分なりの結論に至りまして。

無塩食もどきを試しに数日やってみました!

正直、完治していないこともあり、

「これが正解」とは言い切れないお試し期間となりましたが、その経過を書きだしてみます。

 

まず、「無塩食」は、書籍をある程度参考にさせていただき、「椎茸スープ」をもとにした野菜具だくさんデトックススープと、マクロビ食を始めてから、あまり多く食べてこなかった「果物」と、その他野菜サラダ(温サラダや冷サラダ)を主に摂取。

 

書籍では、依存性のある食材として穀物の摂取も控えるようにありましたが、仕事上、体力を落としすぎないために、玄米や白米など、その時炊いたご飯を少量いただくことに。

 

1日目

  • さほど身体の変化なし

 

2日目左側に異変あり▽陰)

  • 早朝に左足のつり
  • 日中は身体が重く
  • 夕方になるとひどい睡魔に見舞われ
  • 左の鼻づまりが少々

 

3日目右側に異変あり▲陽)

  • 早朝に右足がつり
  • 日中は少々ふらつきあり
  • 右目の乾いためやに
  • 右鼻のつまりが少々
  • 貧血傾向に(まぶたの裏の色に赤みがなく、薄いピンク色)

 

4日目

  • 早朝に左足がつる
  • 左目にめやに
  • 貧血傾向に(まぶたの裏の色に赤みがなく、薄いピンク色)

 

以下は私の独断的見解ですが、

  • 鼻のつまりは、肺と大腸からのデトックス
  • めやにや足のつり具合は、肝臓と胆嚢からのデトックス

 

(めやには、通常は飲みすぎた次の日に出るのですが、アルコール類を飲んでいないので、体内に残存していたそれらの老廃物を排除してくれたのではないかと予想。また、足のつりは、少し前まで時々あったものが、昨今、ほとんどなかった症状でもありますので、これも同様なのではないかと考えられます)

 

身体や腎臓の硬化を心配しての塩断食でしたが、

結果としてあらわれた症状から、

肺や肝臓のデトックスも行われたのではないかと。

 

本当は、まだ、もう少し続けてみたかったのですが、

諸事情により今回はここまでとなりました。

 

食事を徐々に戻しつつある今朝は、

身体のこわばりにより、

起床時が少しつらかった点が、

軽減されたように感じています。

体重が減ったこともあるとは思いますが、

身体が軽く感じられます。

 

無塩食は、いずれまた、よしなにリベンジさせてもらおうかと。

 

注意点としては、

「塩」自体が本来は身体に必要なミネラルのひとつのため、

それを断つこと自体は、危険も伴います

 

その人の身体の状態により、

長期間続けるべきではない場合もあるため、

自分自身で、行うべきか、判断がつかない場合や、

自分自身の限度を見極める自信のない場合は、

専門家の指示のもと行うことをオススメします。

★☆★ 月の満ち欠けによるデトックス情報や、都内のベジカフェ情報、ベジお茶会のお知らせ、預診豆知識満載のブログの更新情報などを、LINE@にて受け取れます★☆★

スマホのLINEからQRコードを読み込むには、以下の手順でどうぞ。

1)スマホでQRコード画像を保存

2)LINEを開く

3)「友達追加」ボタンをタップ

4)「QRコード」をタップ

5)「ライブラリ」をタップ

6)保存したQRコードを選択

 

▼預診らぼLINE@

http://line.me/ti/p/%40wyt4727z

(登録後は、メッセージにてお名前をお送りくださいね)

無塩食を試して思った事

無塩ということで、本来は腎臓に嬉しいはずの「昆布」などの海藻類を、一切使わずに、「椎茸」や「切干大根」を使ってスープを作ったのですが、ほんのり甘味のあるスープが、身体に中から染みわたるように感じられました。

 

野菜の具だくさんスープにしたことと、

生の野菜も味をつけずにもぐもぐ食べてみたためか、玄米や白米を欲するタイミングが少なく、書籍に書かれてあるように、塩を摂取することでご飯を食べたくなるといった「依存性」が、そこに隠れているのかな?とも感じました。

 

ただし、書籍では否定的ではありましたが、

「全粒穀物を食べること」の良さも、

今まで沢山感じてきておりますので、

私的には全否定はできません

 

陰陽調和で学んだように、

何事も、「バランス」がものすごく大切だ、

ということに改めて気づかされた数日でした。


0 コメント

手のひらの湿疹

手のひらの湿疹

高円寺にある「メウノータ」のデリプレート
高円寺にある「メウノータ」のデリプレート

「手のひらに湿疹ができて痒みがあり、なかなか治らない」

とのご相談を受けまして。

 

私も、四肢(手足)に、痒みを伴う湿疹が時々出たり。

 

ちなみに、マクロビオティックな食養の観点から診ると、蕁麻疹は、血液が酸性に傾きすぎている場合に、自然治癒力が減退した結果発症すると言われています。

 

その場合の、食養的なお手当として、毎日でも食べて欲しいものは、

  • 大根や大根葉、昆布などを用いた野菜を少量の醤油か味噌で味付けしたお煮つけ
  • 小豆茶(砂糖なしの小豆の煮汁)

控えめにしたい食品は、

  • 豆及び豆製品
  • 生サラダ果物
  • 木の実(ひまわりの種など)

ポイントは、「身体に良い」という食品(大豆食品なども含め)であっても、その人の体質や、その日の体調により、食べない方が良い場合や、それらの食べ過ぎ(当人の許容範囲以上に食べ過ぎてしまうこと)によって、体調不良や何かしらの症状があらわれるという点。

 

→蕁麻疹のはなしはこちらもどうぞ

美肌=美腸 顔にすべてがあらわれる?【預診講座】

そのニキビ、いつ消える?体の中からきれいになるための、自分チェック、始めませんか?

→ 預診講座の詳細はこちら

▼参考資料


てのひら(掌)

湿疹ではなく「色」という観点になりますが、手のひらの真ん中は少しくぼんでいる部分の色により、臓器の異常を表している可能性があるようで。

 

手のひらの真ん中の色

  • 赤色:循環器系
  • 紫色:呼吸器と生殖器系
  • 暗い色:排泄器系
  • 黄色:肝臓、胆のうの機能

 

また、手の指を見た場合、

  • 第三関節から第二関節あたり(指の根本)は、消化と呼吸器系
  • 第二関節から第一関節あたり(指の真ん中の関節あたり)は、神経機能
  • 第一関節から指先にかけては、循環と排泄機能

に、関係している部位とも言われています。

 

親指の付け根にある拇指球部分の色の変化(赤、青、紫)は、

消化機能(小腸と大腸)の不調を。

 

このことは、もしかすると「湿疹が、指の根本あたりから始まった」「指先から湿疹が消えてきた」など、症状の経過とともに、身体の臓器や機能に対する影響具合の予測が立てられるかもしれません。

 

また、湿疹ではなく、シミやホクロなどができた指で、弱っている臓器や機能を大まかに見当をつけることも。指と臓器や機能については、以下の図もご参考を。

▼参考資料

手の指と臓器


アレルギー、アトピー性皮膚炎について

以前のブログの記事にも書きましたが、現在はあまり症状が出ていなかったとしても、小さい頃の病気は、両親から引き継いできた、もともと弱い臓器のあらわれの可能性が高く。

 

小さい頃の病気に、アレルギーや鼻炎、アトピー性皮膚炎を挙げる人も多く。

 

中医学的な見方では、アトピー性皮膚炎などのアレルギーは、呼吸器系(肺・気管支等)のトラブルとみなされるよう。

 

そして、この呼吸器系は、消化器系(胃腸)に守られている臓器とも。ということは、呼吸器系のトラブルは、「胃腸の弱り」も関係している可能性があり。

また、それらの症状(鼻炎を含むアレルギー症状など)が慢性化している場合は、それらの他に「腎臓の弱り」も気にする必要がありそうです。

 

→胃をフォローしてくれる食材についてはこちら

→腎臓をフォローしてくれる食材はこちら

 

肺・気管支をフォローしてくれる食材

レンコン、里芋、大根、キャベツ、ジャガイモ、玉ねぎ、白ごま、山芋、リンゴ、ネギ、紫蘇

▼体調の陰陽チェックをやってみよう!

▼参考資料

【預診らぼ】LINE@では、月の満ち欠けによるデトックス情報、ベジお茶会、望診のブログ更新情報などを受け取れます。

スマホのLINEからQRコードを読み込むには、以下の手順でどうぞ。

1)スマホでQRコード画像を保存

2)LINEを開く

3)「友達追加」ボタンをタップ

4)「QRコード」をタップ

5)「ライブラリ」をタップ

6)保存したQRコードを選択

 

▼預診らぼLINE@

http://line.me/ti/p/%40wyt4727z

(登録後は、メッセージにてお名前をお送りくださいね)

▼開催リクエスト、受付中!▼


0 コメント

「胃」のおはなし

消化器官の第一線を担う「胃」のおはなし

「胃痛が朝食後に多いため、朝食をおいしく食べられない」

というご相談をいただきました。

ということで、今回は、「胃」について少しお伝えしようかと。

 

「預診」自体が、必ずこうだというものではありませんが、

今後の健康管理に、お役に立ていただけますと幸いです。

 

朝食時間あたりの、7:00~9:00の時間帯は、1日の中でも、「胃」が盛んに活動する時間帯でもあります。

 

この時間帯に胃痛を感じるという場合は、胃を酷使しすぎている可能性があります。

 

→各臓器が活発に活動する時刻については、こちらの記事もご参考ください

3食食べないという選択肢

もともと、朝・昼・夜と3食必ず食べなければならないという話は、いつのころからか始まった(どうやら、ビジネス的な戦略が隠れているよう)習慣のようですが、身体が欲していない場合は、無理に3食を食べなくても良いのではないか?というのが、望診を学んで感じたひとつでもあります。

 

昨今の現代人の「生活習慣病」と呼ばれるものは、何かしら、偏って食べすぎることにより、それらの消化しきれない老廃物が、特に弱い臓器に蓄積されて、病と化するとも言われています。

 

偏って食べすぎないことがポイントとなりますので、お腹が空いていない、食べると体調を崩すという場合は、敢えて無理に3食食べないという選択肢を設けることも、身体に優しい(正直な)食生活に。

 

ただし、貧血ぎみだったり、栄養失調といった医師の判断が出ている場合は、食べないことが逆にリスクになり兼ねません。

 

増血作用のある栄養価のそれなりに高い食べ物を、胃に負担をかけすぎないよう、しっかり咀嚼して食べることで、様子をみることをオススメいたします。

 

「口」は、食べ物が最初に身体に入る入口ですので、口の機能を意識して、食べることで、胃に入る前段階で、ある程度消化活動を進めることができます。

 

→咀嚼についてはこちらの記事もご参考くださいね。

身体が弱っている人の玄米メニュー

私自身、マクロビオティックな玄米菜食の食生活を行うことで、体調不良を克服してきましたが、だからといって、玄米菜食が、全ての人に良いとは勧めていません。

 

講座の中の短い時間の中ではありますが、最終的に信じるのは、自分自身の「舌」であることを、時間の許す限り、お伝えしています。

 

というのも、パッと見てわかるような出血や貧血などではないような類の体調不良、

  • お腹が痛い、
  • 気分が冴えない
  • なんだかふらふらする

といったものは、自分が一番感じるからです。

 

食べ物を食べた時に、美味しいと感じたり、不味いと感じるのも、各々の好みの差や、頭で考えた結果だったりもしますが、本来は自分の舌で感じた感覚です。身体の芯から美味しいと感じられるかどうかは、本人が一番良くわかるものでも。

 

そして、マクロビオティック自体、創始者の桜澤先生は、「最終的に、何を食べてもへこたれない丈夫な身体になり、成すべき仕事をする」ためのものとしています。

 

世界平和を唱えていたので、「世界中の各個人が、それぞれの使命による仕事に没頭する世界では、戦争という考え方や行為自体に費やす時間がなく、平和な世界が広がるのだろう」と、私個人は解釈しています。

 

そして「玄米」は、穀物の中では、陰陽の丁度真ん中あたりの「中庸」の食材です。

穀物自体が、食物全体でみたときに、中庸の中でやや陽性寄りの食物でもあります。

陰陽という考え方の中では、食物全体を比較するものではないという場合もありますが、白米や粉物(麺類やパンなど)と比較すると、玄米は、やや陽性寄りの食材です。

 

そのため、昨今のような暑い時期(外気が陽性寄りの時期)は、玄米ご飯より白米ご飯や麺類を食べたくなるのは、正しい身体の反応とも言えます。

 

これは、陰陽の12の定理の中の1つ

「陽は陰を、陰は陽を引く」という性質をあらわしています。

 

暑い夏の日(陽性)は、冷たくよく冷えた飲み物(陰性)を無意識のうちに欲し、寒い冬の日(陰性)は、温かい飲み物(陽性)を欲します。これは身体からの無意識のサインでもあり、自然の原理(宇宙の秩序)でもあるという考え方です。男性が女性に、女性が男性に対して、恋に落ちるのも、この原理と言えます。

 

暑い日でも、デトックスや体調維持のために、玄米を食べておきたいと感じた場合は、調理の仕方や機材の選択、一緒に使う食材や調味料の選択や量によって、玄米を陰性寄りの調理で、夏でも食べやすいメニューに切り替えると、美味しくいただくことができます。

 

プラス、自分の身体の体調が、陽性寄りに傾いているタイミングで、陽性寄りの調理方法で陽性に傾けた玄米を食べることで、陽性に傾きすぎて、体調を崩すきっかけすら作り出してしまう可能性があります。世の中で「スーパーフード」としての位置づけだから、いつなんどき、誰が食べても身体に良い食べ物だとは限らない、という考え方です。

 

また、玄米に限らず、これから芽を出し、子孫を残すはずの「種」にあたる食物は、子孫繁栄を害するもの(=それらを食べるもの)に対して、はっきりとは見えにくいところで抵抗をしています。この抵抗は、全て食べられてしまい、自分たちの子孫を残せなくならないようにというものかと。

 

創始者の桜澤先生が活動していた頃に、それらの認識があったのかはわかりませんが、その原理をわかっていたのではないか?と思えるもののひとつに、特に身体が弱っている人に対しての食養では、「玄米を炒った後に粥として炊く」という方法を、教わります。

 

代表的な玄米の食養メニューには、

  • 玄米クリーム
  • おめでとう(小豆玄米粥)

というものがあります。

 

現代では、発芽玄米という考え方もそれに当たります。

(細かい事をみると、発芽玄米として販売されている玄米では酸化が始まっているという説もあり)

 

玄米クリームまでではなくとも、炒った玄米をたっぷりの水で炊き込んだお粥に、大根おろしを混ぜて食べたりするのも、オススメな「夏の玄米の食べ方」でもあります。

 

→玄米クリームで冷たいスイーツをつくってみました(とは言え、甘くて冷たいので、陰性寄りのデザートです)

胃に負担をかけ過ぎない食べ物とは?

胃は、とても強力な胃酸を作り、口から入ってきた食物の消化を始める、消化器官の第一線の臓器です。

 

この臓器が弱ると、食べても食べてもまだ足りないと感じ、つい食べ過ぎて気持ち悪くなったり、対となる脾臓(マクロビオティックな望診では、膵臓)も弱っていると、甘い物を無性に欲したりします。

 

胃が弱っているサインは、胃痛の他に以下のようなものがあります。

  • 腹痛
  • 目の下、あごのたるみ
  • 胃下垂
  • 膨満感(ぼうまんかん)
  • 目と頬骨の間辺りにソバカスが多い
  • 口内炎がよくできる
  • 上唇にホクロやシミがある
  • 上唇が荒れる、腫れぼったい、薄すぎる
  • 鼻筋の真ん中あたりの色が白い
  • お腹が空いていないのにグーとなる
  • ほうれい線などのシワが目立つ
  • 色々考えすぎる

 

対となっている臓器、脾臓(膵臓)が弱っているサインは、以下のようなものがあります。

  • 下半身の冷え
  • 食後の眠気
  • 肌のたるみ
  • 口の中の粘り
  • 口角の荒れ
  • 目と目の間あたりの横シワや黒ずみ
  • 気分の浮き沈みが激しい
  • 痰が多い(三焦の弱りの場合も有)
  • 下痢や嘔吐(三焦の弱りの場合も有)

 

何度も書いていますが、胃の弱りには、甘い物を欲しますので、甘くて胃にあまり負担をかけすぎない食べ物を、よく咀嚼して食べることをオススメします。胃がもともと弱い場合は、消化自体の胃の負担を減らす食べ方「よく噛んでから飲みこむ癖をつけること」を、特にオススメします。

 

特に「全粒穀物」は、よく咀嚼することで、口の中にてある程度は消化され、最終的に腸で吸収される食物なので、血糖値は白米や粉物を食べた時よりもゆるやかな上昇となり、腹持ちも良いのがその特徴。そのため、食後の眠気を引き起こしづらくするのと、食べすぎの原因となる空腹感のある時間を比較的短くでき、オススメの食材でもあります。

 

ただし、咀嚼をせずに飲みこむと、かえって消化不良で下痢になったり、胃痛を増幅させたり、かえってダメージを大きくする可能性も。取り入れる場合は、咀嚼と調理を意識することもお忘れなく。

 

→なぜ、よく噛むことが大事なのかはこちらからどうぞ

胃に優しい食材

胃に優しい丸くて甘い食材

玉ねぎ

カボチャ

薩摩芋

人参

トウモロコシ

粟(あわ)

葛 など

スマホのLINEからQRコードを読み込むには、以下の手順でどうぞ。

1)スマホでQRコード画像を保存

2)LINEを開く

3)「友達追加」ボタンをタップ

4)「QRコード」をタップ

5)「ライブラリ」をタップ

6)保存したQRコードを選択

 

▼預診らぼLINE@

http://line.me/ti/p/%40wyt4727z

(登録後は、メッセージにてお名前をお送りくださいね)

しっかり学びたい方

なぜそのニキビが、そこにできたのか?

なぜそのシミやホクロやシワやたるみが、そこにできたのか?

おおよその原因と対策が、自己Checkきたら、嬉しくないですか?

「預診講座」は、マクロビオティックの望診を元にした、BodyCheckとともに、どうすれば良いか?を「食」に絡めて学べるマンツーマンレッスンです。ただし、これを受ければ病気が治るというものではございません。ご容赦ください。

→ 預診講座の詳細・お申込みはこちら

貧血気味と言われたら

増血作用のある食材をよく咀嚼して

稗(ひえ)

発芽玄米

ごぼう

金針菜

胡麻

味噌(菌が活きている味噌)

なつめ

プルーン

クコの実

梅干し、梅酢 など


0 コメント

月の満ち欠けによるデトックス情報、ベジお茶会、望診のブログ更新情報などを受け取れます。スマホのLINEからQRコードを読み込むには、以下の手順でどうぞ。

1)スマホでQRコード画像を保存

2)LINEを開く

3)「友達追加」ボタンをタップ

4)「QRコード」をタップ

5)「ライブラリ」をタップ

6)保存したQRコードを選択

(登録後は、メッセージにてお名前をお送りくださいね)


▼マクロビブログの過去記事一覧

こうじ菌のはなし

カボチャのシュレッドケーキ

久々にお手伝いを

タイ米を買ってきました

つくるとわかる

ここだけの話_食品添加物編

玄米クリームでデザートを

関節の痛みが気になる方へ

皮膚のトラブル(皮膚炎)

出てこい集中力!

血糖値が気になる方へ

糠漬けデビュー!

ほうれい線と頬のこけ具合

吉祥寺へ発芽ナッツを買いに

頬のそばかすの話

Let's go to "macrobistay"

メープルシロップvs身土不二

ベジカフェを密かに応援!

血虚にご注意を

その一口を大切に

舌診で自己チェック!

穀物を使ったスイーツ

春はデトックス―プでも

デーツとローカカオ

基礎代謝量はいかほどに?

黒豆ヤーコン茶

Would you like wild rice?

植物の力を借りる~祝新年~

咳と痰に感謝!

かんじん要、お元気ですか?

隣に立つということ

日本のBioトープとは?

石の上にも3年かしら?

そろそろ温活始めませんか?

胃腸の調子は大丈夫?

クリスマスに米粉のケーキを

露天風呂の陰陽を考える

ケール入り餃子

トマトの身土不二・・?

柿を食べすぎて●水が・・・

今日食べたものが・・・

日本に古来からある作物は?

ビーガンフェスin東京

macroな目で見る

温野菜サラダのボルシチソースかけ

蚊に刺される場所と時間

長夏の季節をご存じで?

眉でみる

体内フィルター「腎臓」のはなし

美しいということ

カレーに欠かせないお野菜とは?

キャベツのはなし
真夏のマルシェ
夏はかぼちゃの季節です
麻の効能
足で診る
お茶のはなし
くちびるを診る
そろそろ梅の季節です
足の小指のはなし
御朱印帳をご存じで?
最近の我が家の玄米フロー
たんぽぽコーヒーを作ろうかと
その旨味はだしにあり
野草の力でデトックスを(米糠のはなし)
砂糖と気になる「シミ」について
麻の実甘酒のいちごタルト
目を診る
黒米(古代米)入り玄米ご飯
酒粕クラッカーとレーズンボール

ノンクレド(Non credo)で行こう!
右と左
走りものはまだ早い

▼マクロビブログの過去記事一覧

▼マクロビブログの過去記事一覧

▼マクロビブログの過去記事一覧


食べることが大好きなあなたへ、いつの間にやらやせていた冊子のご紹介

kindleアプリで、スマホやタブレットでも読書ができる!