まつ毛・睫毛・マツゲ

● 目にあらわれる症状

初チャレンジ!メカブパスタ
初チャレンジ!メカブパスタ

「最近、まつ毛が抜けるんです」というご相談を受けまして。

残念ながら、頭皮の抜け毛や、体毛に対する諸々は、いろいろと情報がありますが、まつ毛に特化したものは、ほとんどなく。

→ 頭髪の抜け毛についてはこちら

 

まつ毛に関する情報はなくとも、それに近い何かがないか?私なりに、調べてみることに。

 

そもそも、「毛」は、身体の弱い部分を守るために生えています。そして、まつ毛は、目を守るために。

 

「目」自体の症状は、白目や黒目などの目の内部は、様々な臓器が割り当てられている部位でもありますが、中医学的な診方では、「肝臓」の弱りがあらわれやすい部位でも。

→ 目の症状については、こちらもどうぞ

 

例えば、目が疲れやすかったり、涙が出やすかったりといった症状は、肝臓の弱りからきている可能性が高く。逆に、パソコンやスマホの見過ぎなどにより、目を酷使することで、肝臓に影響を与えるとも言われています。

 

また目の周り、特に目の下のあたりは、腎臓や生殖器もあらわしています。目の下の袋(アイバック)は、腎臓の弱りから、体内の排水機能が滞ることにより、体内に水がたまっているあらわれとも言われています。

● 目のくぼみ

「目のくぼみが目立つようになった」というご相談もありましたが、くぼみは、体内の水分が減ったことによる老化のあらわれとも。

 

ちなみに、体内の水分は、

乳幼児→成人→高齢の順に

80%→65%→50%

と変化しますので、体内水分量に応じたくぼみということにも。

特に目のくぼみは、40代から、徐々にみられるようで、私も少し、、くぼみはじめたかしらと感じる昨今でもあります。

 

ただし、同年代と比べると、くぼみが目立つ場合は、

からだの消耗や、疲労の蓄積が考えられますので、

夜22:00以降はしっかり眠る

体内の酸化やそれによる炎症などを促進させるような食品を控えめにすることと、

体温より冷たい飲み物や甘いものはなるべく避け、

野菜や全粒穀物などから、大地からのエネルギーを得られるような食品を積極的にメニューに取り入れるようにしましょう!

プラス、毎日「少しの汗」(ジムに通うほどハードでなくてOK!です)をかくことで、代謝を促すこともお忘れなく。

 

形でみると、

目と目の間の距離が狭いのは、広いのより、陽性寄り。

狭い場合、頑固な傾向にあり、広い場合、優しく優柔不断な傾向にあるとも言われています。私の目と目は離れ気味です(苦笑)

 

目の角度でみると、

つり目は、垂れ目より、陽性寄りで、はっきりとした感情と知性を持ち、垂れ目の場合おとなしい受動的な性格を示しているとも。

 

さて、当たっておりますでしょうか?

● まつ毛の特徴

長いまつ毛は?

水分や生野菜、果物などの陰性食品過剰によるあらわれ。

 

短いまつ毛は?

よく煮込んだ塩気の強い、味の濃い食物や、ローストしたりベークした動物性食品などの陽性寄りの食品が多く、野菜や穀物をあまり摂取してこなかった場合に多いようです。

 

外側にカーブしたまつ毛は?

神経の感覚異常の可能性をあらわし、生殖器にも影響が出ている可能性がありそうです。

果物やジュース、ワイン、砂糖などの甘いもの、清涼飲料水、芳香性の刺激物や飲み物、薬などを、幼年時代、過剰に摂取しすぎた事によるようです。

 

内側にカーブしたまつ毛は?

極陽食品(大量の塩、肉、卵、魚など)を過剰に摂取し、それらに見合った野菜や穀物を摂取しなかったことによる、バランスの悪さによると言われています。生殖器の機能が異常になっている可能性があります。

 

これらの内容から、私なりに、考えてみたのですが、まつ毛が抜けるという症状に関しては、「肝臓」よりも、精神や生殖器に影響を及ぼしているようなので、「腎臓・膀胱・生殖器」に関係するあらわれなのではないか?と思っております。

 

これが正しい、正しくないという事は置いておいて、以下の症状にも該当するという場合は、腎臓・膀胱・生殖器を労わる生活にシフトすることをオススメいたします。

 

腎臓・膀胱・生殖器が弱っている場合は、

  • 目の下のクマが気になる
  • 目のくぼみが気になる
  • 疲れが取れない
  • 眠りが浅く、夢をよく見る
  • 頻尿、または夜中にトイレに行きたくなる
  • 年中冷え性
  • よくむくむ
  • 舌の周りに歯型がつく

といった症状もあらわれやすく。お心当たりは?

 

腎臓・膀胱・生殖器を労わる食材は以下をご参照ください。

腎臓の機能を高める食材 自律神経の安定を助ける食材
小豆、人参、大根、レタス、味噌、醤油、海藻類、黒豆、きくらげ など 発芽玄米、玉ねぎ、ネギ、ニラ、ワケギ、ラッキョウ、レンコン、紫蘇、ほうれん草、金針菜、胡麻、くるみ、なつめ、麻の実、百合根、海藻類 など
水分代謝を助ける食材 動物性食品の消化を助ける食材
菊芋、カボチャ、ネギ(根も含む)、きゅうり、きくらげ、胡麻、皮つきハトムギ など 大根(切干大根)、白菜、ネギ、玉ねぎ、セロリ、干し椎茸、キャベツ、人参、ニラ、ゴボウ、葛、蒟蒻、菊芋 など

スマホのLINEからQRコードを読み込むには、以下の手順でどうぞ。

1)スマホでQRコード画像を保存

2)LINEを開く

3)「友達追加」ボタンをタップ

4)「QRコード」をタップ

5)「ライブラリ」をタップ

6)保存したQRコードを選択

 

▼預診らぼLINE@

http://line.me/ti/p/%40wyt4727z

(登録後は、メッセージにてお名前をお送りくださいね)

参考書籍


0 コメント

首のニキビ

首のニキビ
首のニキビ

お陰様で71回、211名に

経絡くんの首の写真
経絡くんの首の写真

「首のニキビが気になります」

とのお声をいただきまして。

 

またまた、私なりにではありますが、調べてみました。

 

女性の平均寿命が86歳だとして、

その折り返し地点をかなり前に通り過ぎて思うことのひとつに、

 

どんな仕事も日常も、

同じことの繰り返しのように感じますが、

それでも毎回新しい何かが起こりまして。

 

スピリチュアルな方に話を聞くと、

どうやら、問題をクリアできると、もうひとつ上の階層の新たな問題が届き、クリア出来ていないと再び、似たような問題が、届くらしく。

 

お試し【預診タイム】も、

お陰様で、

71回

211名

の方々に受講いただきましたが、

それでも毎回、新しい質問が飛び交います。

 

継続できるかできないかは、それらの毎回新しく飛び交う疑問符を、如何に、楽しく調べ続けられるか?に鍵があるかと思うのです。

 

時々、すこぶる眠いため、調べが全く進まない事もありまして。

 

せっかく興味を持っていただいた方々が、興味を持っていただいているうちに、お返事出来ないことも多々。都度、反省です。そして、興味を持っていただくことに、感謝を忘れずに(^人^)

 

私自身も、それらに興味を持てること自体、幸せなことなのだな~と、あらためて思う昨今でもあります。

 

ちなみに本日の記事は、出先にてスマホから。いつもと違うやり方を試すと、色んな善し悪しが見えてきますね。つくづく。

首のニキビ

暑くてもしっかり食べたい日の、スムージーボウル
暑くてもしっかり食べたい日の、スムージーボウル

ニキビ自体は、前回の記事でもお伝えしましたが、その色により、過剰に摂取しすぎている物が異なります。

 

ニキビの色の詳細は、「頬から耳にかけての、気になるニキビについて」

もご一読くださいね!

 

首の部位でも、フェイスラインに近い所は、フェイスラインのニキビとして診た方が良いかも?しれません。

 

フェイスラインのニキビについては、こちらの記事をご参考ください。

フェイスラインのニキビ

 

首に関しては、大きくみると、腎臓や膀胱が胡麻などの過剰摂取により、弱った際に、SOSが出やすい部位とも言われています。

 

経絡でみると、首の少し横の部分には、胃、大腸、小腸の経絡が流れています。細かい部位については、ちょっとお粗末な案内となりますが、我が家の経絡君の写真をご参照ください。

 

実のところ、ホクロに関しては、経絡をチェックしますが、ニキビに関しては、経絡自体、関係がない可能性もありますので、はっきりとした事は言えません。

 

ただし、何かしら当てはまる場合は、お試しいただき、経過を見守ることをオススメ致します。

 

もしも、胃が弱っている場合は、

・お腹が空いていないのに、お腹がグーとなる

・上唇が荒れる、腫れぼったい

・口内炎がよくできる

・目の下やあごのラインがたるむ

といったサインも出やすく。

 

大腸が弱っている場合は、

・便秘や下痢が繰り返される

・下唇が荒れる、腫れぼったい

・おでこの生え際、眉毛の上のあたりにニキビがある

・手の人差し指にほくろやシミがある

といったサインも出やすく。

 

小腸が弱っている場合は、

・手の小指の外側ラインにホクロやシミなどがある

・おでこの真ん中あたりが、凸凹していたり、細かいシワがあったり、吹き出物がある

といったサインも出やすく。

 

さて、お心当たりは?

 

以前の記事にも書きましたが、ニキビは、過剰摂取した食べ物が弱っている臓器に蓄積されてできると言われています。

 

本来、尿や便、汗といった形で、体外へ排泄されるべきものが、排泄されずに残ったもののあらわれです。

 

原因となっていそうな食品を控えるとともに、それらの排泄を手伝ってくれる、全粒穀物や野菜などを積極的にメニューに取り入れてみてくださいね。

 

また、そもそも過剰摂取のあらわれのため、1食抜いて様子を見るという選択肢も、ぜひ。

 

どのくらい食べれば過剰になるのか?という基準は、十人十色。ご自身の許容範囲を、ご自身の感覚を研ぎ澄ますことで、気付いてあげられるよう、少しずつでも、お試しいただけますように。

スマホのLINEからQRコードを読み込むには、以下の手順でどうぞ。

1)スマホでQRコード画像を保存

2)LINEを開く

3)「友達追加」ボタンをタップ

4)「QRコード」をタップ

5)「ライブラリ」をタップ

6)保存したQRコードを選択

 

▼預診らぼLINE@

http://line.me/ti/p/%40wyt4727z

(登録後は、メッセージにてお名前をお送りくださいね)


0 コメント

頬から耳にかけてのニキビ跡

頬から耳にかけてのニキビ跡

「頬から耳にかけてのラインに、ニキビ跡が残りやすい」というご相談をいただきまして。

いつものことながら、私なりに預診的な観点から、調べてみました。

 

預診タイムにいらっしゃる方の中に、頬のサイド側にシミやそばかす、ニキビなどができている方もそれなりにいらっしゃいます。

 

顔の中で、頬の部位は、比較的広い範囲にわたっているため、症状が出ている部位が、頬のどのあたりなのかにより、そのSOSを出している臓器が少し異なります。

 

いつもお伝えしているとおり、預診自体は、弱っている臓器を推測する手段ですので、「必ずこうだ」というものではありませんが、ご自身やご家族の健康管理をするうえで、お役立ていただけますと嬉しいです。

参考書籍


「ニキビ跡」が残りやすいのは・・・

まず、ニキビについてですが、これも、ホクロやシミなどと同様、本来、なくても良いものが皮膚上にできてしまう症状のため、何かしらを食べすぎた事によるあらわれと言われています。

 

預診という観点からみると、食べすぎたものは、消化吸収されずに老廃物となり、体内に蓄積されていくのですが、特に弱っている臓器に蓄積されていくとされています。

 

ニキビの色により、原因となった食べ物に見当をつけます。

 

赤い色のニキビは、

甘い物(お菓子やジュース、果物など)やアルコール類、などの拡散性の高い陰性食品過剰。

 

白い色のニキビは、

乳製品や、油脂などの過剰摂取。

 

さて、お心当たりは?

 

ちなみに、私の場合は、ポテトチップスなどを食べすぎると、眉間や小鼻から頬にかけての部位に、白いニキビができやすく。

 

また、ニキビ跡が残りやすいという場合、本来ニキビが消えるとともに、なくなるべき色素がそのまま残ってしまう点から、血液が汚れている可能性をあらわしています。ニキビ跡が消えない場合は、血液が汚れているかどうかを確認するために、唇の色や舌の裏の色をチェックします。

 

血液の汚れに関する対処方法は、以下の記事もご参考くださいね。

 

→唇の色のはなし

→朝1本の人参ジュース

頬から耳にかけてのラインは小腸の経絡

今回も、またまた、わが家の住人「経絡君」を撮影してみました。

見ていただきたいのは、頬の側面部分です。

 

今まで、預診タイムにいらっしゃった方々を思い出すと、頬の側面の症状が出る範囲は、大きく3つに分かれているように感じています。

  • 眉尻から耳の上のあたりにかけるコメカミ部分に、シミやニキビができる
  • 目尻から耳のあたりにかけた部分に、シミやニキビができる
  • 頬骨のあたりから耳にかけた部分に、シミやニキビができる

 

今回ご相談いただいたのは、一番下の頬骨のあたりから耳にかけての部位でしたが、ここは、経絡でみると、小腸の経絡

頬骨のあたりは「肺」のSOSが出やすい部位と言われていますが、そこからの流れで耳側に伸びるニキビ跡は、経絡からみて、小腸の弱りによるSOSの可能性が高いと言えます。

 

シミの場合、頬のあたりは、動物性食品(特に卵や魚卵、肉類など)の過剰摂取や、動物性食品とともに甘い物などの陰性食品を過剰に摂取している、「食べすぎ」のサインが出やすい部位とも言われています。

 

原因となっていそうな食品を控えて、それらの消化を助けてくれる食材(卵→キノコ類、肉類→玉ねぎやキャベツや大根など)を積極的にメニューに取り入れてみましょう!

小腸が弱っている場合は・・・

また、

  • 日焼けしていないのに日に焼けたような肌の色(▲陽性寄り)
  • 顔全体が赤らんでいる(▲陽性寄り)
  • 舌の先が赤い(▲▽陰性・陽性いずれか)
  • おでこにシワやニキビができやすい
  • アトピー性皮膚炎やアレルギーなど、免疫系が弱い傾向にある

といったもので、当てはまるものがある場合は、小腸が弱っている、またはもともと弱い可能性が高いため、小腸を気にかけながらの食事に切り替えることをオススメいたします。

 

ちなみに、小腸はどんな働きを担っているのか?と言いますと、食べた食物の栄養を吸収してくれている臓器です。

小腸が正常に活動していない場合、食べ物から栄養が吸収されなくなると同時に、栄養吸収しきれていない食物を、体内に蓄積し始める原因となります。

 

マクロビオティックな食養とは少し離れますが、似類補類(にるいほるい:似ているものが臓器を補うという考え方)でみると、「根」の形が小腸と似ていますので、大根やカブ、人参、ゴボウといった根の食材をメニューに加えることで、小腸をフォローしましょう。

 

プラス、唐辛子や胡椒などのスパイス系は、陰性に大きく傾かせてしまうため、控えめに。

スマホのLINEからQRコードを読み込むには、以下の手順でどうぞ。

1)スマホでQRコード画像を保存

2)LINEを開く

3)「友達追加」ボタンをタップ

4)「QRコード」をタップ

5)「ライブラリ」をタップ

6)保存したQRコードを選択

 

▼預診らぼLINE@

http://line.me/ti/p/%40wyt4727z

(登録後は、メッセージにてお名前をお送りくださいね)


0 コメント

月の満ち欠けによるデトックス情報、ベジお茶会、望診のブログ更新情報などを受け取れます。スマホのLINEからQRコードを読み込むには、以下の手順でどうぞ。

1)スマホでQRコード画像を保存

2)LINEを開く

3)「友達追加」ボタンをタップ

4)「QRコード」をタップ

5)「ライブラリ」をタップ

6)保存したQRコードを選択

(登録後は、メッセージにてお名前をお送りくださいね)


▼マクロビブログの過去記事一覧

こうじ菌のはなし

カボチャのシュレッドケーキ

久々にお手伝いを

タイ米を買ってきました

つくるとわかる

ここだけの話_食品添加物編

玄米クリームでデザートを

関節の痛みが気になる方へ

皮膚のトラブル(皮膚炎)

出てこい集中力!

血糖値が気になる方へ

糠漬けデビュー!

ほうれい線と頬のこけ具合

吉祥寺へ発芽ナッツを買いに

頬のそばかすの話

Let's go to "macrobistay"

メープルシロップvs身土不二

ベジカフェを密かに応援!

血虚にご注意を

その一口を大切に

舌診で自己チェック!

穀物を使ったスイーツ

春はデトックス―プでも

デーツとローカカオ

基礎代謝量はいかほどに?

黒豆ヤーコン茶

Would you like wild rice?

植物の力を借りる~祝新年~

咳と痰に感謝!

かんじん要、お元気ですか?

隣に立つということ

日本のBioトープとは?

石の上にも3年かしら?

そろそろ温活始めませんか?

胃腸の調子は大丈夫?

クリスマスに米粉のケーキを

露天風呂の陰陽を考える

ケール入り餃子

トマトの身土不二・・?

柿を食べすぎて●水が・・・

今日食べたものが・・・

日本に古来からある作物は?

ビーガンフェスin東京

macroな目で見る

温野菜サラダのボルシチソースかけ

蚊に刺される場所と時間

長夏の季節をご存じで?

眉でみる

体内フィルター「腎臓」のはなし

美しいということ

カレーに欠かせないお野菜とは?

キャベツのはなし
真夏のマルシェ
夏はかぼちゃの季節です
麻の効能
足で診る
お茶のはなし
くちびるを診る
そろそろ梅の季節です
足の小指のはなし
御朱印帳をご存じで?
最近の我が家の玄米フロー
たんぽぽコーヒーを作ろうかと
その旨味はだしにあり
野草の力でデトックスを(米糠のはなし)
砂糖と気になる「シミ」について
麻の実甘酒のいちごタルト
目を診る
黒米(古代米)入り玄米ご飯
酒粕クラッカーとレーズンボール

ノンクレド(Non credo)で行こう!
右と左
走りものはまだ早い

▼マクロビブログの過去記事一覧

▼マクロビブログの過去記事一覧

▼マクロビブログの過去記事一覧


食べることが大好きなあなたへ、いつの間にやらやせていた冊子のご紹介

kindleアプリで、スマホやタブレットでも読書ができる!